田舎で出会いを作る方法|人が少ない地方で出会いを増やす立ち回り

軽トラックと桜 男性向けノウハウ

田舎に住んでいるとどうしても新たな出会いに恵まれません。

人口も少なければ、人の入れ替わりも少ない地域で出会いを作るには、積極的に出会いの機会を作る必要があります。

一般的に言われている出会いの作り方は田舎では通用しないことも多いので、田舎ならではの一工夫も大事です。

出会いの少ない田舎でも、ほとんどの人が「出会いがない」と言っているだけで具体的な行動ができていないので、出会ってあげる側に回って勝ち組になりましょう。

田舎で出会いを増やすための考えや工夫についてまとめます。

田舎で出会いが無い原因を理解する

田舎の特徴は人口が少ないこと

田舎や地方の特徴としてはなんと言っても人口が少ないこと。

人の絶対数も少なければ、面積あたりの人(人口密度)も非常に少なくなります。

さらに言えば、若者世代の一部は都会に流出してしまいますので、恋愛対象となる年齢層の割合も少ない。

つまり、普通に過ごしていれば恋愛につながる出会いが無いのは当たり前になってしまいます。

人の入れ替わりも少ない

田舎は人口が少ないだけでなく、人の入れ替わりがなかなか起こりません。

ある程度、自分が接する機会の人達と知り合ったら、もうそこで人と知り合う機会が止まってしまう。

例えば、職場にも新しい人は入ってこなければ、行きつけの飲み屋に行っても毎回同じ顔ぶれしかいない。

都会であれば、カフェのかわいい店員やイケメン店員がいたとしても、一週間後には新しい店員さんがいたりします。田舎だとずっと同じ人がいる。

外部要因の変化が非常に少ない田舎においては、自ら積極的に動かなければ新しい出会いが生まれることはありません。

田舎で出会いを作る・増やすために必要な考え方

あらゆる手段を使って出会いの機会を増やす必要がある

人と人が出会うきっかけづくりは様々あり、一般的にはその中で自分が興味あるものや得意なものを選択したら良いです。

しかしながら、田舎においては一つのコミュニティに属する人口が非常に少ないため、片っ端から当たって行かなければ満足の行く出会いの機会に恵まれないでしょう。

都会と田舎の出会いの機会の違い
  • 都会
    一箇所で10人と出会える
  • 田舎
    一箇所で2人しか出会えない
    だから5箇所に顔を出す必要がある

使えるものは全部フルに使って、他人との接触頻度を増やしに行く心づもりが必要です。

行動範囲を広げる

恋愛でも友達でも近くに住んでいる人がいいのは当然ですが、田舎だとそうは行きません。

人口と人口密度が少ないため、場合によっては行動範囲を広げる必要が出てきます。

東京住みであれば、だいたい東京に住んでるか来られる範囲で人を探しますし、それで十二分に人と出会えます。そのため、わざわざ埼玉や千葉に住んでいる人を探すことは基本的にありません。

田舎の場合は、隣の市や、県境であれば隣の県まで足を運ぶ必要がでるのは仕方ないことです。

オフラインとオンラインでの出会いを両方使うこと

出会いのチャンスを極力増やすために、オンとオフの両方を同時進行すべきです。

2パターンの出会い方
  • オフライン
    仕事やナンパなど対面で知り合う
  • オンライン
    マッチングアプリや掲示板などネット上できっかけを作る

これも都会であれば好きな方で出逢えばいいのですが、田舎ではそんな甘えていてはチャンスが巡ってきません。

知り合えすタイミングも運ですし、リアルでしか知り合えない人やネットでしか知り合えない人もいます。リアルの出会い方とネットの出会いを併用すると、それぞれのメリット・デメリットを補うこともできます。

少ないチャンスをものにするために、オンもオフも両方にアンテナを張って生活しましょう。

では、オンとオフに分けてどんな知り合い方があるかの戦略会議を進めます。

ナンパ(オフラインでの出会い)

リアルな対面の状況で知り合うことを一般的にナンパと言います。

職場や趣味がきっかけだったり、道端でたまたま会ったりするのも全部一緒です。

きっかけが何であれ、「他人」から「知り合い」に関係をシフトさせるのがナンパと考えてください。

フレンドシップ戦略のがいいかも

ここではちょっと男性視点の話で進めます。

一般的に、女性と知り合うときは最初から恋愛対象(性的対象)と見ていることを示すのが定石です。

逆に、恋愛対象や性的対象として見ていること(セックスアピール)を隠して知り合いの関係性になることをフレンドシップ戦略と呼びます。

フレンドシップ的な接触の例
  • まずはお友達から
  • ただの職場の人間として接する
  • たまたま趣味で会っただけの他人として接する

これらのフレンドシップ戦略は通常は悪手とされます。

なぜなら、オスではなく普通の男性(ただの人)として捉えられると、そこから恋愛や性の対象としての関係に変えるのが難しいからです。

要は、最初から口説きに行くのが普通は正解です。

しかし、これには条件がありまして、口説きに行ってもし失敗したら損切りするという話です。

駄目だったら潔く諦めて、また別の子にアプローチすればいいということですね。

これが人口の少ない田舎だとなかなか難しいです。

「駄目だったら切って次!」とできるほど人がいませんし、男女の話はすぐに広まってしまいます。

誰が誰を好きかとか、あいつとあいつがセックスしてるとかそんな話が広がるのが田舎。

○○に口説かれた〜みたいな話が、知り合いや次に狙う女の子にまで伝わるんですよね。

しかも田舎の人って暇なのかそんな話ばっかしてます。

ですので、最初からあからさまにセックスアピールするのは避けて、ある程度他に話が広まっても問題無い範囲で攻めた方がリスクが少ないです。

仲のいい友達・知り合いを増やす感覚で進める

田舎における出会いのきっかけとして「知り合いの知り合い」というものも無視できません。

最初から下心丸出しで接して撃沈するのでなく「普通に仲の良い友だちや知り合いが増えればOK」くらいの感覚で声をかけていくと良いです。

例えばカフェや飲食店の店員さんに声をかけた場合に、その店員さんが後日友達などに話をします。

そのときに「ナンパされた」と話すのでなく、「良いお客さんと知り合った」と言ってもらえるような接し方ですね。

こういう人間関係であればむしろ広めてもらった方が得なわけです。話が広まったとしても問題ないような接し方で攻めましょう。

そうしているうちに「知り合いの知り合いネットワーク」で恋愛関係になる人が現れる可能性が高まります。

交流が増やせる場所一覧

リアルで新しい人との接触機会が増やせそうな場所一例です。

  • 繁華街・飲み屋さん
  • お祭り
  • 地域のイベント
  • 趣味・スポーツ

どこでもいいのですが、あなたが住んでいる地域で人が集まりそうな機会に参加しましょう。

田舎って他にやることが無いので、なにかしらイベントなどがあれば無駄に人が集まります。

あなたと同じように、知り合いが欲しくて参加している人も少なからずいるはず。

可能であれば主催者側に回れると強いですね。

また、遊んでばかりだとお金がかかるので、働きながらいろんな人と接することができる仕事やバイトなんかをしてみても良いかも。

こういう言い方するとアレですが、祭りを頑張っても1円にもなりませんが、バーテンダーとかやれば小遣い稼ぎをしながら勝手に異性が遊びに来てくれます。

 

出会い系・マッチングアプリ(オンラインでの出会い)

ネットでの出会い戦略(田舎ver)です。

知り合いにヒットする可能性が高いのがデメリット

ネットの出会いと言えば、出会い系サイトやマッチングアプリです。

しかし、田舎のデメリットはアプリ上で知り合いに当たる可能性が高くなること。

人が少ないので当然です。

特に、もともと地元などでリアルの知り合いが多い人ほどそのリスクが高いです。

ですが、だからこそ地元民の多くはマッチングアプリを使っていません。地元の人ほど知り合いに遭するリスクを懸念して案外使っていないので、実際のところ問題がないこともあります。

まずは、パット見で知り合いに遭遇してもバレないくらいのプロフィールを作って覗いてみると良いです。

  • 仕事や旅行で外から来た人は普通にマッチングアプリにいる
  • 地元民だけど年代が違って知り合いがかぶっていない人

こういう人との出会いには全然使えます。

キャバ嬢・スナック嬢なんかも出会い系にいる

田舎でマッチングアプリを使ってみて感じたことの一つに、本来はアプリを使わないような人がいることです。

都会だとこういう人は普通マッチングアプリ使わないよなーという人とマッチできます。

例えばキャバ嬢やスナックなどの水商売の人。

やはり都会に比べて水商売としてのプロ意識が低いのか、飲み屋の女の子が普通に暇つぶしでマッチングアプリやってます。

夜の中のおじさん達が飲み屋に通ってお金を落としている横で、僕は普通にアプリで飲み屋の子と知り合ってLINEしてるわけです。

田舎でアプリ使うのも面白いですね。

定額課金の出会い系を使った方がいい

個人的にはこれ必須です。

出会い系アプリの料金形態は2種類
  • 月額(定額)課金
    月いくらで使い放題
  • 都度課金
    必要な分だけポイントを購入

田舎では都度課金のアプリを使ってください。

田舎ではマッチングアプリのユーザーの数が少ないため、定額制の料金だと損をします。ペアーズとかwithとかですね。

場合によっては、月額料金だけ前払いをしてるのに誰ともマッチしてもいなければメッセージもできないということになります。

都度課金のアプリであれば、使うとき・使えるときだけ少額を支払えば良いので払い損はありません。

都度課金アプリの代表:PCMAX [R18]

複数のアプリを使いまわすこと

田舎は人口の絶対数が少ないので、アプリのユーザーもバラけてしまいます。

好みの年齢やプロフィールで絞るとかなり人数が減り、一つのアプリだけだとたった数人しかヒットしないということも普通にありません。

あとは、その地域やタイミングによってどのアプリにユーザーが多いのかも使ってみなければ分からない。

3つ4つくらいアプリを入れて見ておいて、希望の相手が現れたアプリを使うのが賢いです。

なので、毎週使うアプリが変わってるのも普通です。

これも、都度課金のアプリであれば複数登録しておいても、使うときしかお金がかからないので心配ありません。

もし、地域特有のコミュニティや掲示板があるのであれば、それらも並行して活用しても良いです。

田舎の出会いまとめ

人が少ない地域は自分で積極的に出会いの機会を作りだす努力が必須です。

面倒くさがらずいろんな場所やコミュニティに参加しましょう。

あ、あとマッチングアプリを使うときは総会員数の多いものを選んでください。

ただでさえ人が少ないので、新しいアプリなどを使うと全く人がいないなんてことも普通にあります。

総会員数が1000万人を超えているPCMAX [R18]などであれば、田舎でもユーザーがいないということは無いでしょう。

無料で始める:PCMAX [R18]