彼女・セフレが出来ない モテない

女性との食事デートからホテルへの誘い方。タイミングやコツは?

更新日:

いい感じになった女性と食事デートに行くことになった。

そういう男性の中には、「今日は一回目だから様子見で何もしない、次のデートでは手を握ってみて、3回目ではキスをしてホテルに誘ってみよう」

というような計画を立てる方もいるでしょう。

しかし、結論から言って、そのような計画は全く無意味。

場合によっては、初めての食事デートでホテルに連れ込むことに成功する場合だってあります。

逆に、誘い方のコツやタイミングがわからない場合は、何度デートを重ねたとしてもホテルに連れ込むことができず、結局関係がダメになってしまうことも。

ホテルに連れ込めるかどうかで一番重要なのは、女性との「心理的関係」です。

女性をホテルに連れ込むタイミングや誘い方のコツなどをご紹介します。

ポイントは「女性との心理的関係がどこまで進んでいるか」

女性をホテルに連れ込めるかどうかにとって重要なのは、「女性と何回デートを重ねたか」とか、「女性と知り合ってどれくらい時間がたっているか」ではありません。

大切なのは、「女性との心理的関係がどこまで進んでいるか」です。

この心理的関係が進んでいれば進んでいるほど、ホテルに連れ込める可能性が高くなります。

心理的関係とは、つまり相手の女性があなたをどれだけ信頼し、体や心を許しているかどうかということ。

これが最終段階まで進んでいれば、ホテルへの誘いはほぼOK。

セックスすることが可能です。

では、この心理的関係の進み具合はどのようにして確かめればよいのでしょうか?

以下で、詳しくその方法を見ていきます。

心理的関係の進み具合は4段階

女性との心理的関係の進み具合には、4段階あります。

自分からボディタッチをするなどして、自分と女性の心理的関係がどの段階まで進んでいるのかを知ることが可能です。

レベル1~手をつなげるか~

まずは女性との心理的関係がレベル1の段階のとき。

この段階であることを確かめる方法は、「女性と手をつなぐこと」です。

女性と手をつなぐことがでるということは、女性があなたを信頼し始めていること。

「手見せて」とか「手小さいよね」という会話の流れで、さりげなく彼女の手を取ってみましょう。

ここでそのまま手を握っていることを嫌がられなければ、心理的関係レベル1に到達。

ホテルへ誘うスタートラインに立てたということです。

逆に、さりげなく手を振り払われたり、拒否られたりしたら失敗。

もう少し効果的に相手をディスったりして、信頼関係を高めましょう。

手も握れないようでは、女性はあなたに対して心はおろか、体も許していないということです。

この段階に到達できないようでは、当然ホテルに誘うことはできません。

レベル2~恋人つなぎができるか~

続いてはレベル2。

女性との心理的関係がレベル2の段階に達しているかどうかを確かめる方法は「恋人つなぎができるかどうか・相手が強く手を握り返してくれているかどうか」です。

たとえ手を握ることを拒否られなかったりしても、相手が力なくこちらの手を握り返してこないのであれば、相手の心と体は、まだまだ自分から遠いところにあります。

ホテルへ誘っても、連れ込める可能性は低いでしょう。

しかし、こちらが強く手を握ったときに握り返してくれたり、しっかりと指をからめて「恋人つなぎ」ができるのであれば、レベル2到達です。

この段階になってくると、女性はかなりこの状況を楽しんでおり、あなたに信頼を寄せ始めています。

「どっかに連れてってもいいよ!」という女性のサインと受け取っても構いません。

レベル3~軽いキス・体の密着~

お次は心理的関係のレベル3。

女性との心理的関係がこの段階に達しているかどうかを見極める方法は「軽いキスをすること・体を密着させること」です。

もし、女性と恋人つなぎができて、心理的関係がレベル2に達したら、今度はもう一歩踏み込んで軽いキスをしたり、腰や肩に手を回して女性との物理的距離を縮めましょう。

しかし、個室居酒屋でもない限り、体を密着させるならまだしも、キスまでは少し難しいはず。

そういう場合には、「ちょっと歌いに行こうか~」ということで、場所をカラオケに移したりするのもお勧めです。

カラオケなら他人の目がありませんし、気兼ねなく女性に体を近づけたり、キスしたりすることができます。

注意点としては、最初から女性の隣に座ること。

「初めは向いに座っていたのに、後から急に隣に座ってきた」というのでは下心丸見え、あまりスマートではありません。

それに女性に警戒されて、せっかく築いた心理的関係を壊してしまいかねません。

初めから隣に座って、作ってきたいい雰囲気を壊さないようにしましょう。

中には、「手はつなげるけど、キスはハードルが高い…」と思う男性もいるかもしれません。

しかし、心理的関係のレベル2からレベル3までの敷居は、意外と低いものです。

女性はの多くは、軽めのキスを「コミュニケーション」の一環と考えています。

飲み会などで男性からのボディータッチよりも、女性からのボディータッチが多いことを考えれば、「体を触ること」に関して、女性の方が軽い考えをもっていることがわかるでしょう。

もちろん、信頼関係が全く築けていない段階でのキスは逆効果ですが、恋人つなぎ、肩や腰に手を回す、くらいまでの心理的関係になっていれば、軽めのキスが断られる可能性は少ないです。

思い切ってキスしてみてください。

レベル4~ディープキス・性的な体の接触~

最後はレベル4。

心理的関係の、最終段階です。

ここまでくれば、女性をホテルに誘うことは、何ら難しくありません。

心理的関係がレベル4に達しているかどうかを確かめる方法は「ディープキスや性的な体の接触を試みること」です。

強調したいのは、普通のキスではなく、ディープキスであるということ。

先にも述べたように、舌を絡めない普通のキスは「コミュニケーション」つまり、友情の証みたいな感覚でする女性もいます。

たとえキスまでできたとしても、女性からすると、その行為が性的な意味を持たない場合もあるわけです。

中には、普通のキスまでできたとしても、ホテルに誘ったら断られた…なんていうことも。

ですので、確率を高めるためにも、ディープキスまでして、心理的関係が最終段階のレベル4まで達していることを確かめてください。

普通のキスができているんですから、そのまま舌を絡めていってもいいですし、帰り道でいきなりディープキスでもいいでしょう。

性的な体の接触に関しても、ディープキスと同様のタイミングで行います。

カラオケの中で、キスしながら女性のアソコにタッチでもいいですし、帰り道にキスしながらおっぱいモミモミでもいいです。

とにかく、セックスを連想させるような性的な交わりを持つこと。

ここまでできれば、「ゆっくりできるところで続きしよっか」の一言でホテルに連れ込むことができます。

レベル4まで進まなければホテルに誘ってはいけないのか?

女性との心理的関係には、4つの段階があることを解説しました。

では、女性との心理的関係が、最終段階であるレベル4まで到達していなければ、ホテルに誘ってはいけないのでしょうか?

結論から言うと、答えは「NO」。

レベル4に到達していないからといって、ホテルに誘わないのは、愚かというほかありません。

なぜなら、たとえレベル2の「恋人つなぎ」までしかできていなかったとしても、女性の中ではあなたとの心理的関係がレベル4に達している可能性だってあるからです。

言い換えれば、「あなたが確かめられていないだけ」ということ。

もちろん、実際に女性との心理的関係がレベル2までしか達していない場合もありますが、それでもホテルに連れ込めるケースは少なくありません。

とはいっても、手を触ることも拒否られているような段階で女性をホテルに誘うのはNG。

確実に断られます。

ですので、少なくとも手をつなぐことくらいは成功したうえで誘いをかけましょう。

つまり、心理的関係がレベル1、もしくはレベル2まで到達できているのであれば、ホテルに誘うべきということです。

「断られるのが怖い…」という男性もいるでしょうが、それではいつまでもセックスすることはできません。

リスクをとってこそ、リターンが得られます。

ホテルへの誘い方は?

女性をホテルに誘う際、率直に「ホテル行こう!」と言ってしまうとスマートではありませんし、女性も「うん」と素直には答えづらいものです。

では、女性をホテルに誘うときには、どのような誘い方をしたらいいのでしょうか。

ダブルバインドをつかう

女性をホテルに誘うときには、「ダブルバインド」というテクニックを使います。

ダブルバインドとは、「相手がそのどちらを選択したとしても、自分に有利になるような2つの選択肢を相手にあたえること」です。

簡単な例を挙げてみましょう。

ナンパをした相手に対し、

「今から俺とカラオケ行くのと、お茶しに行くのとどっちがいい?」

というように聞きます。

相手に与えられた選択肢は、

・自分とカラオケに行くこと
・自分とお茶をしに行くこと

です。

相手がそのどちらをとったとしても、自分に有利な選択肢になっています。

これを利用して、ホテルに誘う際にも、「あっちのきれいなホテルと、こっちの汚いけど安いホテルどっちがいい?」という風に聞くわけです。

そのどちらをとっても、「ホテルに行く」という結果は変わりません。

このダブルバインドというテクニックを使えば、相手に「ノー」と言われる確率が格段に低くなります。

例えば、「ホテル行かない?」という疑問を相手に投げかけた場合、選択肢は「イエスかノー」です。

しかし、ダブルバインドでは基本的に「ノー」という選択肢はありません。

高確率で相手からホテルに行くという答えを引き出せるわけです。

それに、女性には軽い女に見られたくないというプライドがあります。

初めて食事に行った男性から「ホテル行く?」と誘われて、素直に「行く」とは言いづらいもの。

ダブルバインドを使えば、女性の答えは「こっちのホテルがいい」となるわけですから、そのプライドを刺激することも、うまく回避することができます。

連れ込みを成功させるには、ホテルの場所を把握しておく

ホテルへの連れ込みを成功させるには、食事をする場所からホテルへの道のりを把握しておくことがとても重要です。

いざホテルに誘ってみたはいいものの、ホテルの場所がわからずスマホで調べ始めたり、挙句の果てにはタクシーに乗って「ラブホまでお願いします…」これではまったくスマートではありません。

女性の気持ちが覚めてしまいます。

最悪の場合、ホテルの前まで来て「やっぱり帰るね」と言われてしまう場合も。

そんな情けない事態はぜひとも避けたいものです。

そのために、食事をする場所からホテルへの道のりは、デート前にしっかり把握しておくことをお勧めします。

その方が、いざというときに慌てずに済みますからね。

さらに言えば、食事をする場所は、なるべくホテルから近いところを選んでおくのがいいでしょう。

ホテルに誘ってから、ホテルに向かうまで時間がかかり過ぎてしまうと、せっかく作った雰囲気が覚めてしまいかねません。

ですので、できれば電車やタクシーを使うのは避けたいもの。

女性の高まった気持ちをキープしたままホテルまで向かうためにも、歩いて行ける距離にホテルがある飲食店を選ぶのがコツです。

まとめ

女性をホテルに連れ込むタイミングやコツをご紹介しました。

もちろん、デートに計画は必要です。

しかし、「少なくとも3回食事をしなければ、ホテルに誘ってはいけない」というように、自分でセックスまでの段階を決めつけてしまうのはNG。

そういう固定観念に縛られていると、チャンスを逃しかねません。

セックスできる可能性を活かすも殺すも、あなた次第。

ご紹介した方法で、女性との心理的関係を探っていって、レベル1かレベル2に達していれば、必ずホテルに誘いましょう。

-彼女・セフレが出来ない, モテない

Copyright© 出会いの季節 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.