Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Tinderの口コミと評判は?登録方法と使い方まで説明

昨今、若者の間で絶大な支持を得ているマッチングアプリ、「Tinder」

街中でアプリを使っている男女を見ることもあるくらいの人気ぶりですし、「セフレや彼女を作るのに利用したい」と考えていた方も多いでしょう。

これだけ人気のあるTinderですが、果たしてどのような特徴を持ったアプリなのでしょうか?

Tinderの特徴、登録方法や使い方をご紹介します。

Tinderの日本版マッチングアプリ:タップル誕生 R18

tinderとは?

Tinderは2012年に公開された、出会い系サービスを提供するアプリです。

世界196か国もの国で利用されており、日本人以外のユーザーがとても多いのが特徴。

日本では2015年5月ごろからユーザーが増加し、10~20代などの若い世代を中心に人気を集めています。

tinderの特徴

Tinderにはどのような特徴があるのでしょうか?

他の出会い系とも比較しつつ、その特徴を見ていきましょう。

使い方が簡単

Tinderの特徴、まずはその「操作性の良さ」です。

Tinderは昨日がいい意味で少なく、とてもシンプルなアプリです。

女性と出会うための機能は、

  • スワイプ操作で相手の好き・嫌いを決める
  • マッチしたらメッセージを送る

基本的にこの2つだけ。

他のマッチングアプリや出会い系サイトに比べると、とてつもなく機能が簡便化されています。

これなら、従来の出会い系で「機能をうまく使いこなせなかった」という方でも、安心して使うことができるでしょう。

登録している女性の年齢層が若い

他の出会い系に比べると、「登録している女性の年齢層が若い」というのもTinderの特徴です。

10代~20代前半のユーザーが圧倒的に多く、女子大生もたくさんいます。

それは、Tinderを利用しているほとんどの女性の目的が、「友達探し」もしくは「恋人探し」だからです。

例えば、婚活サイトで有名な「ユーブライド」や「Pairs」は、女性ユーザーの多くが結婚相手を探すという目的でサービスを利用しています。

そのようなサービスは、結婚を考える世代が利用するので、当然30代、40代のユーザーも多いわけです。

「若い彼女やセフレが欲しい…」という男性には向かないサービスでしょう。

対してTinderには、婚活目的で利用している女性はほとんどいないので、必然的に利用者の年齢層が低くなります。

女子大生とセックスしたい、そういう男性にはぴったりのアプリです。

他の出会い系に比べて「軽い女性」が多い

「軽い女性が多い」というのもTinderの特徴。

他の出会い系ではちょっと考えられないような、「フットワークの軽い女性」もTinderにはたくさんいます。

中にはマッチしてその日に会ってくれる、なんていう女性も…。

普通の出会い系では、メッセージのやり取りをする期間を経て、実際に会うに至ります。

初対面の他人に会うわけですから、この流れは当然なのかもしれません。

しかし、これに反して、Tinderにはノリが軽い女性が多いです。

僕はマッチしたその次の日に「映画に行こう」と誘われて行ったことがあります。

もちろんうまくいった場合に限りますが、Tinderでは「マッチしたその日に会う」ということも可能です。

マルチや宗教への勧誘がある

Tinderには「マルチ商法や宗教への勧誘」を目的としたユーザーも多数います。

出会い系にはありがちな「援デリ業者」は見たことがありませんが、マルチへの勧誘などは結構多いです。

こういうユーザーの特徴は、

  • やたらと女性が会うことに積極的
  • プロフィールがすごく丁寧に書かれている
  • プロフィールに「投資で成功した」などの記載あり
  • 胡散臭い

など。

女性から会うことを提案してくれるのはとても嬉しいですが、「行ってみたら勧誘だった…」という話もよく聞きます。

このようなユーザには注意しましょう。

無料でも出会える

「無料でも会える可能性がある」というのもTinderの特徴です。

Tinderは、有料会員登録をしなくてもある程度の機能を利用することができます。

ちなみに私の友人はTinderの無料会員でしたが、何人もの女性と会い、そのうち1人を彼女にしました。※Tinder歴は半年ほど

もちろん有料会員になったほうがチャンスは増えますが、うまくいけば無料で彼女やセフレをつくることも可能です。

ハイスペックな「敵」が多い

Tinderには「ハイスペックな敵(男性会員)が多い」という特徴もあります。

Tinderは「無料で女性と出会える気軽なアプリ」です。

そのため、高学歴イケメンなどの「ハイスペック男子」の参入も多くなっています。

出会い系は本来、リアルで出会いのあるイケメンなどは使わない傾向がありますが、「操作が簡単で暇つぶしにもなる」ので、リアルでモテるイケメンも普通にTinderを利用しているわけです。

したがって、当然敵は多くなります

ネットでは「Tinderは全然マッチしない」というような評判を見ることがありますが、おそらく敵が多すぎるのが原因でしょう。

もしTinderを使ってみたけど全然出会えない、という場合は、「有料会員へのアップグレード」「他の出会い系を使ってみる」などの対策を取るのがおすすめす。

必ずしも「安全なアプリ」とはいいがたい

「必ずしも安全とはいえない」ということも、Tinderの注意しておきたい特徴です。

優良で安全な出会い系の特徴のひとつに、「運営年数が長い」というものがあります。

運営年数が長いということは、「それだけトラブルなく続いてきた」ということだからです。

運営年数がだいたい10年を超えれば、その出会い系は安全であると言えます。

日本で例を挙げれば、ハッピーメールやYYCなどの出会い系です。

しかし、Tinderはどうでしょう?

Tinderのアプリが公開されたのは2012年、日本で普及し始めたのは2015年になってからのことです。

このことからもわかるように、まだまだTinderは歴史が浅く、その安全性も完全には保障されていないということ。

もちろん個人情報の流出などの問題は起こっていませんが、これからトラブルが起こらないとも限りません

Tinderを利用する際には、そのことは十分に理解しておきましょう。

無料会員でもできること

Tinderは、無料会員でもある程度の機能が使えます。

上手くすれば、無料会員でも十分に女性と出会うことが可能です。

無料会員でも使える機能は以下、

・1日100スワイプ ※24時間経ったら回復
・1日1回のSuper Like

というものです。

Tinderでは、表示された女性ユーザーの写真を右か左にスワイプすることで「Like(好き)」「NOPE(嫌いか)」を決定します。

無料会員の場合、そのスワイプ行為が1日100回まで可能というわけです。

また、1日に1回限定で「Super Like」を押すこともできます。

Super Likeとは、通常の「Like」とは異なり、相手に自分が興味を示していることが伝わる機能です。

通常のLikeを押しただけでは「誰にLikeされているのか」ということはわかりません。

しかし、Super Likeでは相手に「この人にSuper Likeされました」という通知が行くため、マッチ率が高くなります。(Tinder側の発表では3倍

無料会員がさらにSuper Likeを取得したり、ブースト機能(プロフィールの被閲覧率を高め、マッチ率を上げる機能)を利用するには、有料会員への登録が必要です。

tinderの利用料金

Tinderを有料会員として利用する場合には、どのくらいの料金がかかるのでしょうか?

tinderの料金プランには「tinder plus」「tinder GOLD」の2種類があります。

以下で詳しく見ていきましょう。

tinder PLUS

まずは「Tinder Plus」という料金制度についてです。

Tinder Plusに登録すると、様々な機能が利用できるようになります。

参考までに、無料会員との比較を見てみましょう。

有料会員無料会員
LIKE無制限1日100スワイプまで
Super LIKE1日5回1日1回
ブースト機能1ヶ月に1回なし
広告非表示可能不可能
エリアの変更可能不可能
1つ前の画面に戻す可能不可能

Tinder Plusの一番の大きな特徴は、「スワイプの制限がなくなること」です。

無料会員の場合1日100回までに限定されていたスワイプが、有料会員になることで無制限にスワイプできるようになります。

出会いを求める男性にとって、これはかなりうれしい機能ですよね。

また、1日1回までだったSuper Likeに関しても、有料会員では「1日5回まで」に増加。

加えて、ブースト機能もひと月に1回付与されます。

そして、「エリアの変更」も可能です。

エリアの変更とは、自分の現在位置を変更できる機能のこと。

例えば、自分が今いる位置を「韓国」に設定すれば、韓国でTinderを利用している女性とマッチすることができます。

また、「一つ前の画面に戻せる」というのも有料会員の特権です。

Tinderを使っていると、好みと思った女性を間違えて左スワイプ(NOPE)してしまう可能性もあります。

そんなとき、無料会員の場合は、女性の顔を想い浮かべながら後悔するしかありません。

しかし、Tinder Plusに登録していれば、もう一度前の画面に戻して「Like」をし直すことができます。

好みの女性と出会えるチャンスは、是が非でも残しておきたいもの。

これなら誤操作を恐れず、スピーディにスワイプして数を稼ぐことができますね。

気になる利用料金ですが、

1ヶ月1,100円
6ヶ月4,200円(800円/月)
12ヶ月6,800円(567円/月)

となっています。

他の出会い系に比べると、かなり安い利用料金です。

参考までに、同じくマッチングアプリとして人気を博している「omiai」の1ヶ月プランの料金は税込3,980円(クレジットカード決済の場合)。

それを考えると、Tinderの利用料金は破格と言えるでしょう。

Super Likeやブーストの追加購入

もし、1ヶ月に5回以上のSuper Likeや1回以上のブーストを使用する場合は、下記の値段で追加納入することが可能です。

「Super Like」

5Like600円(120円/1回)
25Like2,400円(96円/1回)
60Like4,800円(80円/1回)

「ブースト」

1ブースト480円
5ブースト1,800円(360円/1回)
10ブースト3,000円(300円/1回)

tinder GOLD

TinderにはTinder Plus以外にも、「Tinder Gold」という料金プランがあります。

このプランは、Tinder Plusからアップグレードすることで登録が可能です。

Tinder Plusで使える機能に加えて、「こちらに対してライクをしている女性ユーザーが表示される」という機能が使えるようになるのが特徴。

表示されている女性にLikeを送るだけでマッチすることができるので、「マッチが簡単になる」というのがTinder Goldのメリットです。

Tinder Goldの利用料金は以下、

1ヶ月1,660円
6ヶ月5,904円(984円/月)
12ヶ月9,204円(767円/月)

となっています。

ただ、この機能は男性のユーザーにとってはあまり魅力的なものではないかもしれません。

女性ユーザーには、毎日たくさんのマッチが届きます。

その中から好みの男性を選ぶことができるため、この機能は女性にとっては大変魅力的でしょう。

しかし、男性ユーザーは、そもそも「マッチの数が少ない」ので、選り好みをできる状況ではないわけです。

手っ取り早くマッチしたい!という男性はTinder Goldに登録してもいいでしょうが、個人的には必要ないと感じます。

tinderの登録方法

続いては、Tinderへの登録方法をご紹介しましょう。

tinderの登録方法には「Facebookを使った登録」と、「電話番号を使った登録」の2種類があります。

Facebookを使った登録方法

まずは、「Facebookを使った登録方法」についてです。

さっそく、Tinderのアプリをダウンロードして、起動させてみましょう。

トップの画面はこんな感じ。

Facebookで登録するのには「Facebook経由でログイン」をタップします。

すると、「Facebookと情報を共有しますか?」という画面へと遷移するので、「共有」をタップ。

その際に、アプリにの使用に位置情報を許可するかどうかを問われますので、「許可する」を選択します。

これで、Facebookを使ったTinderの登録は完了です。

「え?これだけ?」と思われた方もいるでしょう。

そう、Tinderの登録は驚くほど簡単

一般的な出会い系はで、登録の際にメールアドレスを登録するなどの手順を踏まなければならいものが多いですが、Tinderの登録はFacebookとアプリを連携させるだけで完了します。

Tinder上で表示される「年齢」や「名前(下の名前だけローマ字で表示される)」は、Facebookに登録しているものがそのまま適用されるので、登録後のプロフィール入力などの手間がかかりません

電話番号を使った登録方法

次は、「電話番号を使った登録」についてです。

電話番号での登録を行うには、まずアプリのトップ画面で「電話番号でログインする」をタップします。

すると、このような画面に遷移するので、自分の電話番号を入力して「次へ」をタップ。

すると、「送信されました」という画面に遷移し、自分の電話番号あてにログインコードの書かれたSMSが送られます。

ちなみに、届くメッセージはこのようなもの。

続いて、届いたログインコードをTinderに入力します。

これで、電話番号を使った登録は完了です。

Facebookを使った登録方法もそうでしたが、Tinderへの登録はとても簡単なのが特徴的。

5分もあれば済んでしまいます。

Tinderには年齢確認がない

出会い系に詳しい方ならご存知でしょうが、通常、出会い系に登録する際には「年齢確認」がマストです。

出会い系サイト規制法では、18歳未満のサイト利用は禁止されているので、これは当然のこと。

「YYC」や「PCMAX」など、有料出会い系と呼ばれるアプリ・サイトは必ずユーザーに年齢確認を課しています。

しかし、Tinderではその年齢確認がありません

もちろん、Facebookで登録する場合、Facebookに入力している年齢が反映されますが、それもFacebook側の年齢を偽装しておけば済むこと。

つまり、18歳未満でも使えてしまうというわけです。

1もし、18歳未満の女性と関りを持ち、セックスしてしまった場合、

ライトな出会いを求めるのにはもってこいのTinderですが、こういう危険な側面もあることは理解してきましょう。

Tinderを使っていることはバレないのか?

マッチングアプリを使う上で気になるのが、「身バレ」です。

人が出会い系を使う理由は様々ですが、中にはアプリを使っていることを周りに知られたくないという方もいるでしょう。

結論から申し上げると、Tinderで身バレをしない可能性はゼロではありません

また、その可能性は「Facebookを使って登録」した方が高くなります。

その理由は、TinderがFacebookの友達情報を利用するからです。

もし、FacebookでTinderに登録した場合、自分の友達はTinder上に表示されないようになっています。

しかし、「友達の友達」までは表示されてしまい、加えて「その共通の友達が誰か」までわかるようになっているという使用。

マッチしたときに共通の友人がいたほうが会話がしやすいだろう、というTinder側の配慮でしょうが、身バレしたくないユーザーにとってはいい迷惑です。

もし、その共通の知人に「そういえば~っていう君の知り合いがTinderの画面に出てきたよ」と伝えられてしまえば、一発でTinderを使っていることがばれてしまいます。

その点、どちらかというと「電話番号で登録」をした方が周りにバレる危険性は低いでしょう。

電話番号で登録をした際にバレる可能性があるのは、

  • 知り合いのTinderに偶然あなたが表示される
  • 誰かにTinderを使っているところを見られる
  • あなたが口を滑らせてしまう

という場合のみです。

Tinderは位置情報を利用してユーザーを表示しますので、近所にTinderを使っている知り合いがいれば、偶然あなたが表示されてしまうことはあります。

しかし、ユーザー数は日に日に増加しているので、そこまで可能性は高くないでしょう。

電話番号で登録した場合、あなたが気を付けていさえすれば、ほぼバレる危険性はありません

tinderの使い方

tinderで女性と出会う基本的な流れは、

  1. スワイプ
  2. 女性とマッチする
  3. メッセージのやりとり(LINE含む)
  4. 実際に会う

というもの。

出会い系にありがちな「掲示板」などの機能が一切なく、操作もシンプルです。

その使い方を以下で見ていきましょう。

表示距離・相手の年齢設定

まず、tinderに登録したら、スワイプを始める前に、表示される女性ユーザーの「距離」「年齢」を設定しておきましょう。

あまり遠くのユーザーとマッチして「直接会えない」ということになっても意味がありませんし、好みではない年齢の女性とは会いたいと思いませんよね。

後々の手間を減らすためにも、必ず設定しておきましょう。

設定の仕方は、マイページから「設定」をタップ。

以下の画面の「最長距離」「年齢の範囲」を動かすことで設定が可能です。

あまり範囲を絞り過ぎるとマッチしずらくなってしまう可能性もあるので、「ここまでなら許せる」という最大値で設定するようにしましょう。

スワイプの仕方

続いてはスワイプの仕方についてです。

とはいっても、これは解説が要らないくらい簡単。

  • 右にスワイプすれば「LIKE」
  • 左にスワイプすれば「NOT LIKE」

これだけです。

好みの女性は右にスワイプして、そうでない女性は左にスワイプしましょう。

「Likeボタン」、「Nopeボタン」もあって、それぞれをタップすることで同様の操作も可能ですが、スワイプの方が断然です。

ひたすらスワイプをして、マッチするのを待ちまず。

この人とは絶対マッチしたい…という美女が現れれば、スーパーライクを使ってもいいでしょう。

マッチしたらメッセージを送ってみる

女性ユーザーとマッチしたら、メッセージを送ってみましょう。

他の出会い系よりは軽いユーザーが多いので、多少フランクに話しかけてもOKです。

メッセージを送る際の主な注意点は以下、

  • 疑問形で締める
  • 相手のプロフィールをちゃんと見てから送る
  • プロフィールに突っ込む

というようなもの。

メッセージを疑問形で締める方が、相手にあまり考えさせずに返信してもらうことが可能です。

マッチした女性のプロフィールに関しては、必ず目を通してからメッセージを送りましょう。

Tinderの場合、他の出会い系と違って「いきなりタメ口」でメッセージを送ったとしても、十分に返ってくる可能性があります。

しかし、もしプロフィールに「いきなりタメ口の男はNG」などという記載があった場合は、かなり厳しいです。

そういう事態を防ぐためにも、相手のプロフィールは一読しておきましょう

さらに、初めてのメッセージでは相手のプロフィールに突っ込むのが返信率を上げるコツです。

ただ、「こんにちは!よろしくお願いします!」などというクソみたいなメッセージでは返ってくるはずがありません。

そんなメッセージ、女性のもとには毎日山のように届いていますからね。

少しでも返信率を上げるためには、相手のプロフィールや写真などをネタにして話題を作るのがおすすめ。

例えば、

「音楽が好き」というプロフィールの女性がいたら、「こんにちは、マッチありがとうございます!僕も音楽好きです!何聴くんですか?」

という具合。

これはわかりやすい例でしたが、例えば「虎と写真を撮っている女性」がいたとしますよね?

そういう場合は、「可愛いペットだね~エサ代月いくらかかるの?」という風に、多少ナンパっぽいメッセージもOKです。

Tinderに関しては、こういうノリにも反応のいい女性ユーザーがたくさんいます。

ブーストのやり方

マッチ数を増やすために欠かせないのが「ブースト機能」です。

ブースト機能を使用すると、自分のプロフィールがより多くの女性ユーザーに表示されるようになり、マッチ率が上昇します。

ブーストのやり方は簡単で、紫色の稲妻が目印のブーストボタンをタップするだけです。

ただし、その後は「30分間」スワイプし続けなければなりません。

スワイプすればするだけ、プロフィールの被閲覧率が上昇するので、腱鞘炎になってもスワイプし続けましょう。

すごく疲れますが、30分間フルでスワイプし続けると、プロフィール表示率が「11~12倍」くらいになります。

通常は100スワイプして2~3マッチすればいいほうですが、ブースト機能を1度使っただけで10マッチ以上するということも珍しくはありません。

有料会員の場合も1ヶ月に1度しか使うことのできないこの機能ですが、ぜひ有効活用してみてください。

tinderで出会うためのコツ

「Tinderに登録してみたけど、なかなかマッチしない…」

そういう男性は、間違ったTinderの使い方をしているのかもしれません。

Tinderで女性と出会うための具体的なコツをご紹介します。

男性は絶対に有料会員登録するべき

まず、Tinderで女性と出会いたいなら、必ず有料会員登録するべきです。

その方が、効率よく女性と出会うことができます。

もちろん、無料会員でも女性と出会える確率は十分にあるでしょう。

しかし、1日100スワイプなどの利用制限があるため、どうしても「時間」がかかってしまいます。

手っ取り早く、大勢の女性と関りを持ちたいのであれば、間違いなく有料会員に登録するべきでしょう。

セフレや彼女を作るには、そもそも出会いの母数を稼ぐことが必要ですからね。

値段も、6か月プランであれば、ひと月あたり800円とかなり安いです。

写真は必ず3枚以上

もはや出会い系においては常識的なことですが、写真は必ず登録しましょう

枚数も3枚以上がおすすめです。

トップに表示される画像は、もちろん「自分の顔がしっかり見えている写真」

アプリで撮った写真や、顔が隠れているものでは意味がありません。

顔の全貌が良く見えていて、かつカッコよく写ってるものを選びましょう。

「実物と全然違うじゃん!」と言われそうなくらい盛れていてもOK。

別人はNGですが、女性に右スワイプさせてしまえばこちらのものです。

もし、自分のかっこいい写真をもっていないという場合は、写真屋さんに行って撮ってもらうのもいいでしょう。

自分で撮るよりは、数倍盛れた写真が撮れるはずです。

トップに表示される自分の写真以外には、「趣味の写真」「好きな食べ物の写真」などを載せるのがおすすめ。

その方が、マッチしたときに話題が作りやすいです。

プロフィールはそこまでこらなくてもいい

Tinderの場合、プロフィールはそこまで凝る必要はありません

他の出会い系の中には、ものすごい細かいプロフィール項目を入力しなければならないものもありますが、Tinderのプロフィールは、基本的に「自由」

完全に自由記入欄となっており、書いてもかかなくても構いません。

ただ、何も書いていないというのは少し印象が悪いです。

「怪しい人」思われてしまう可能性もあります。

ですので、あまり作りこむ必要はありませんが、

  • 自己紹介
  • 職業
  • 趣味
  • Tinderを使う目的

くらいは書いておきましょう。

頑張って何百文字もプロフィールを書いたとしても、大方は「顔」で判断されてしまいます。

あまり悩まずにサラッと書いてください。

Tinderを使う目的ですが、セフレ作りのためであったとしても、「セフレが欲しくてTinder始めました!」というのは絶対ダメです。

もしそれが目的だったとしても、「一緒にご飯に行ける友達を探してます」くらいにしておきましょう。

男性会員はALL右スワイプでOK

男性会員の場合、Tinderで女性と出会うためには「すべて右スワイプ」をするのがおすすめです。

結論、あまり顔面偏差値の高くないユーザーが女性会員を選り好みしてしますと、全くマッチしなくなってしまいます

顔で判断されることが多いアプリなので、当然有利なのは「イケメン」の男性会員です。

あなたが超絶イケメンなら話は別ですが、もしそうでないなら全ての女性会員を右スワイプしましょう。

なぜなら、「マッチしたところでこちらに損はない」からです。

もし好みでない女性とマッチしてしまった場合でも、メッセージを送らずにマッチを解除すればいい話ですし、あちらからメッセージが来たら無視すればいいだけのこと。

つまり、マッチした後で女性を選り好みすればいいということ。

マッチする前から女性を選り好みして、むざむざと可能性をドブにすてるようなことはいけません。

出会いたいなら、すべての女性に「Like」しましょう。

super likeはしなくてもいい

マッチ率が上がる「Super Like」という機能ですが、個人的には利用をおすすめしません。

なぜなら、マッチ率が上がるとTnder側が言っているにもかかわらず、Super Likeでは全くマッチしないからです。

具体的には、Super Likeを20~30個送って1つマッチすればいいくらい。

実は、それを実証するかのような体験をしたことがあります。

先日、カフェでコーヒーを飲んでいた時のことです。

隣には女子大生二人組。

なにやら「うわ!マジイケメン!」「え~この人はどう?」のような会話をしながら、携帯の画面を楽しそうに見せ合っている模様です。

すぐに、

「Tinderだ…」

と気づきました。

しばらく耳を傾けていると、

「うわ、スーパーライクされた、キモッ」

という声。

正直驚きました。

全ての女性に当てはまることではないと思いますが、中にはSuper Likeされたことを気持ち悪いと感じてしまう人もいるようです。

ゲーム性の強いアプリなので、Super Likeをされると女性側も変に意識してしまうのかもしれません。

何にしても、あまりマッチする可能性はないので、Super Likeを追加購入したりする必要はないでしょう。

 

まとめ

Tinderの特徴、登録方法とその使い方をご紹介しました。

Tinderの特徴をまとめると、

  • 使い方が簡単
  • 登録している女性の年齢層が若い
  • 他の出会い系に比べて軽い女性が多い
  • マルチや宗教への勧誘がある
  • 無料でも出会える
  • ハイスペックな「敵」が多い
  • 必ずしも「安全なアプリ」とは言えない

というもの。

軽い女性が多い傾向があるので、セフレ作りなどにはもってこいのアプリです。

ただ、イケメンにかなり有利なサービスなので、なかなか出会えないということもあるかもしれません。

他の出会い系では、意外と顔以外のプロフィールも重視されたりします。

「Tinderを試してみたけど出会えない…」という男性は、他の出会い系を色々と試してみるのが良いでしょう。

Tinderの日本版マッチングアプリ:タップル誕生 R18