出会いが無い

飲み屋(ガールズバー・スナック・キャバクラ)の営業について思うこと

更新日:

セクシーなブルネットの座っている笑顔とショート ドレスで電話をかけ

セクシーなブルネットの座っている笑顔とショート ドレスで電話をかけ

比較的ガールズバーが好きで結構行くのですが、お客さんに対する「営業」について思うことがあったので書きます。

キャバクラと違って、そもそも営業はしないという店もあるかと思いますが、それは一旦置いておきます。

純粋に営業とはなんぞやということです。飲み屋の子と仲良くなるにしても、普段からこういった思考をすることも大事だと思います。

キャストさん達の心境を学ぶためにも是非ご覧いただければと思います。

お客さんに営業をかけるのは失礼?

僕は基本的に、そういったサービスのお店は営業かけてなんぼだと思ってます。ですので、頑張って営業してねという感覚で女の子に接しています。

ところが、僕の連絡先を知っているにも関わらず、全く営業かけてこない店がありました。店が忙しい(営業をかけなくてもお客さんが来ている)のかと思いきや、外に立ってテッシュ配ったりしてるんですね。

クソ寒い中外でキャッチをしているにも関わらず、僕に営業をかけてこないんです。連絡くれれば行ってあげるのにと思ってました。

そこで、後日飲みに行ったときに女の子に「なんで営業しないの?」と聞いたんですね。そしたら、次のように応えが返ってきました。

「営業は失礼だと思ってしなかった。営業されたら嫌じゃないですか?」

これどう思いますか?更にいうと、

「営業かけるのは失礼だから、自分から連絡先も聞かない。」

確かに、「飲み来てください」と言われるのは嫌な人もいるかもしれません。ただ、問題はそこではなく、彼女らはそもそも営業がどういうものが分かっていないんです。

店(飲み屋)に呼ぶことだけが営業じゃない

会社などで営業職をやっているかたは察しがつくかもしれませんね。僕の考えを説明します。

来店を促すことを営業だと思っているのは間違い

ガールズバーの女の子達は、若くて社会経験が浅いのに加えて、キャバ嬢のように教育を受けていません。「飲みに来てください。」と言うことが営業だと勘違いしています。

実際のところ営業で大事なのは、顧客と仲良くなる(信頼関係を築く)ことです。「よくわからないけど、あなたの商品(サービス)なら買うよ。」と言わせるのが優秀な営業マンです。

つまり、「買って下さい」ではなく、結果的にお客さんになってくれるように振る舞うのが営業です。

水商売の場合はどうするか

上に書いたように「飲みに来てください」というために連絡先を聞くと思っているから失礼だと感じるのです。そうではなく「先日は飲みに来てくれてありがとうございました。」とお礼を伝えるために連絡先を聞くんです。

「お礼を言いたいので連絡先を教えてください。」なら全く悩む必要ありません。実際に「ありがとうございました♡」と連絡が来たら営業だと分かってても嬉しいですよね。

逆に言うと、僕は結構ノリで全然お気に入りでもない子とか店の黒服(ボーイ)とかにシャンパン出したりもします。たまたま誕生日だったりとかで。そういう時に一言もお礼や挨拶が無い方が失礼だと感じます。

しっかりこちらが店に貢献したことに対して、礼儀を尽くしてくれると「いい店(人)だな」と思って「また行こうかな」となるんです。

これが結果的に営業としては成功です。

古株・店長は営業方法を教育すべき

若い女の子はまだ社会を知らない

上に書いたような営業をしてくれると、客側としても嬉しいです。同時に店の売上も上がる方向に行きますのでwin-winですよね。

ただ、この辺の事情は実際に働いているキャストさん達はわからないんです。なぜなら彼女らは20歳そこそこで若いからです。むしろまだ学生で社会経験が無い人も多いですので、わからなくて当然です。

そこを店長だったり、歴の長い先輩キャストにあたる人たちが教えていくべきだと思います。

古株が営業出来ない店はサービスが悪い

中には、店長だったり古株のキャストでさえまともな営業が出来ない店もあります。店が暇な時に「暇なので来て〜」と連絡してくるんですね。で、「お礼」などの連絡は一切ないという。

こういう店はもうサービス業というものがわかっていないのでダメです。何かしらのサービスを提供する対価として、お客さんから代金を頂くのがサービス業です。

そこを「客が来れば収入になる」くらいにしか考えていません。ギブアンドテイクのギブの精神が欠如しています。もちろんこういった店は教育も出来るはずも無く、新しい子も同じような(ダメな)やり方になってしまいます。

まとめ

僕は営業がヘタクソな店=サービスが悪い店と考えて、行かないようにしてます。

いくらお客さん側が店に良くしていても、全く見返りがありません。どうせお金を使うなら、ちゃんとお客さんを楽しませようという考えのお店に使ってあげたいですからね。

通うなら上手な営業をしてくれる店の方が楽しいですし、何か良いことあるかもしれないのでおすすめです。

-出会いが無い

Copyright© 出会いの季節 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.