彼女・セフレが出来ない モテない

女性とのデートで使う、セックスが出来る飲食店の選び方

更新日:

女性と食事のアポイントをとれ、その日になんとかセックスまで持っていきたいという時。

食事をした後、ホテルに連れ込むのは簡単なことではなく、失敗してしまった経験のある男性もいるでしょう。

ホテルへの誘い方がうんぬんというより、そもそもデートに使う飲食店選びが重要です。
店選びから既に勝負は始まってます

わかっている人間から見ると「そんな店で飲み食いしてセックスできるわけないじゃんw」「セックスする気ないの?」というやつ。

お店選びのポイントを抑えれば、女性とセックスできる可能性も高くなります。

女性とセックスするための飲食店選びの方法の解説です。

お店選びで重要なポイント

女性とセックスをするための飲食店選びには、会話がなくても気まずくならない、スキンシップがとれる、そして落ち着いて距離を縮めることができる、という3つのポイントがあります。

会話がなくても気まずくならない

スムーズにセックスに持ち込むには、会話が盛り上がりいい雰囲気になることはマストです。もし、会話がなくなって、お互い気まずくなってしまえば、店を出てそのまま解散…という流れにもなりかねません。

しかし、誰との会話でも、沈黙は訪れてしまうものです。ですので、その沈黙が気まずさにつながらないようなお店選びを心がけましょう。

例えば、静かすぎる個室のお店を予約してしまったら、沈黙が目立ってしまいますよね?それを防ぐため、多少ほかのお客さんの会話が聞こえるようなお店がおすすめです。

スキンシップがとりやすい

スキンシップ・ボディタッチがうまくとれることも重要です。スキンシップは、相手に心を許す行動であり、極論を言えば「あなたとセックスしてもいいですよ」という意思表示にもなります。

ですので、彼女に触れられる距離で座れるお店を選びましょう。スキンシップがうまくとれれば、初めてのデートで女性とセックスをすることも夢ではありません。

そもそも「ボディタッチができる」という段階をへてのセックスです。
そこを飛ばして、いきなりセックスまでは行けませんので、心の距離感を確認できるという目的においてもスキンシップが可能なお店を選ぶべきです。

落ち着いて距離を縮められる

お互いに落ち着いた雰囲気でいられることもポイントです。例えば、自分が普段いかないようなお店を予約してしまい、浮足立ってしまったら、女性と距離を縮めるどころではなくなってしまいますよね。

また、せわしない雰囲気のお店だったりすると、落ち着いて会話やスキンシップができません。ですので、なるべくお互いに落ち着いた気持ちでいられるようなお店を選んでください。

セックスするための飲食店の選び方

店選びのポイントを踏まえたうえで、おすすめのお店の形態を紹介していきます。

横並び(カウンター席など)かL字型席

予約をするお店は、カウンター席か、L字型で女性と90度の角度で座れる席があるところを選びましょう。理由は、もし会話がなくなっても気まずくならないからです。

もし、対面式の席に座ってしまうと、会話がなくなってもお互いの顔が見えてしまうため、居心地の悪い思いをすることになります。それに、相手の手を握るなどのスキンシップも、対面式の席ではできません。

ですので、スムーズにセックスに持ち込むには、女性の隣に座ることができるお店を選ぶことが重要です。

これは100%実践してください

対面の席でセックスする関係を構築するのは高等テクニックです。

チェーンではない

チェーン店を選ぶのはNGです。チェーン店は、学生のお客が多く、うるさい店が多いですし、せわしない雰囲気なので適していません。

かといって、高級過ぎるお店を選んでしまうと、女性側が気を遣てしまうかもしれませんし、自分も落ち着くことができないでしょう。

ですので、お店を選ぶ際は、「高級過ぎず、安すぎない」というお店を選んでください。個人が経営している、こじんまりとした、雰囲気のいい居酒屋なんかがおすすめです。

無駄に高級な店に連れて行くと、金を使わないと女性に相手にされない男という非モテ感が出てしまいます。

そういう男に女性は体を許そうとはなりません。

照明の雰囲気がいい・やや暗めの照明

照明の雰囲気がいいお店を選びましょう。具体的には、白い蛍光灯ではなく、オレンジっぽい白熱灯を照明に使っているお店になります。なぜなら、白熱灯の明かりの方が緊張感がほぐれるからです。

寝室の常夜灯などに白熱灯が多いことを考えると、落ち着く理由がわかりますよね。セックスをするためには、落ち着いて距離を縮められることが必要ですから、雰囲気のいい照明はマストといえます。

また、相手の顔がはっきり見えすぎない場合は心理学的にもルックスが良い方に脳内補正されます。

セックスする場所へ移動しやすい場所を選ぶ

今度は、お店の内観ではなく、立地の観点からお店選びを考えてみましょう。

ホテルから近い

食事の後、そのままホテルへ連れ込むことを考えれば、ホテルに近いお店がベストといえます。お店で作り上げた、いい感じの雰囲気を壊さずにホテルへ行くことができれば、こちらの勝利は確定です。

もし、ホテルから遠かったり、ホテルに行く途中に駅があったりすると、せっかくの気持ちが冷めてしまい、「私帰る…」ということにもなりかねません。ですので、極力ホテルに近いお店を選びましょう。

更に言えば 、距離だけでなく、女性が歩きやすい道筋であることも気にかけられると良いです。

ヒールでも歩きやすいとか、坂道が無いとかですね。

自分の自宅へも近いのがベスト

欲を言えば、自分の自宅へも近いお店がいいでしょう。女性との食事中、会話の流れで、ホテルに連れ込むよりは自宅に連れ込んだ方がいいかもしれない、というような場合もあります。

ちなみに、誘導先への難易度は「自宅<ホテル<相手の家」です。
既婚者や、同棲してて自宅搬送が不可能な人でなければ、基本的に自宅を目指すのがベター。

もし自宅から遠く離れたお店だと、やはり女性の気持ちが冷めてしまいかねません。ですので、タクシーを使えばすぐ自宅に帰れる、くらいの立地でお店を選ぶのがおすすめです。

女性の家や職場から遠い

お店が、女性の職場や自宅から離れていれば、セックスができる可能性は上がります。例えば、女性の職場からお店が近かった場合、「もしかしたら同僚が来てしまうかもしれない…」という不安が女性に芽生えてしまいます。

そうなると、落ち着いて会話や雰囲気づくりをすることができません。そんな不安を感じさせないためにも、彼女の職場からは離れたお店を選んでください。

また、彼女の家からお店が遠ければ、終電の時間が早まるので、帰れなくなる可能性が高まります。そうなってしまえば、家も遠いし、ホテルか僕の自宅へ行こう、という流れが自然になりますよね。

以上の観点から、お店は彼女の家や職場から遠い場所を選ぶべきなのです。

その他のポイント

お店の雰囲気や、立地以外に気を付けておくべき点をご紹介します。

匂いの強い食べ物があるお店はNG

臭いの強い食べ物のあるお店は選ばないようにしましょう。例えば、雰囲気や立地がいいからと言って、タイ料理やエスニック料理のお店を選んでしまうと大変なことになります。そのような料理は、臭いの強いものが多いので、女性も自分も口臭を気にしてしまい、セックスどころではなくなるでしょう。

また、デートでそのようなお店を選ぶ男性は、女性に対して気遣いがないという印象を与えてしまいます。気を付けてください。

景色がいいお店はポイントが高い

窓から見える景色がいいお店は、それだけで二人の雰囲気が良くなります。

景色のことで会話が盛り上がりますし、「素敵なお店を選んでくれた」と、女性に好印象を与えることができます。そうなると、ホテルへ連れ込む、という流れに持っていきやすくなりますよね。

二軒目という流れになったらカラオケ

もし、会話の流れで二軒目に行く、ということになってしまったら、カラオケに行くことをお勧めします。

一軒目で盛り上がったテンションをそのまま維持することもできますし、密室なので二人の距離を縮めることもできます。そして、室内では必ず彼女の隣に座り、積極的にスキンシップをとってください。

もし、一軒目でホテルに連れ込むことが叶わなくとも、決してあきらめずに行動しましょう。

まとめ

今回は、女性とセックスするための飲食店選びの方法をお伝えしました。

正しい方法で、デートするお店を選べば、初めてのデートでも女性をホテルに連れ込むことだってできます。

上記で紹介したポイントを参考にして、入念に調査し、ピッタリのお店を見つけてください。

そして、自分が使えるいい店を見つけたら、スマホの連絡帳やメモなどに記録して、飲食店リストを蓄積していきましょう。

何店舗が使える店のデータが揃えば、次の女性とのアポに使いまわせます。

-彼女・セフレが出来ない, モテない

Copyright© 出会いの季節 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.