パパ活のやり方は?パパ活女子の見つけ方や料金相場など

パパ活ってなに?そのメリットや料金相場、女性との出会い方まとめ セックスしたい

「若い女の子と遊びたい!」

これは、何歳になっても男性が持ち続ける願望ですね。

そんな男性たち中には、最近話題の「パパ活」で若い子達とのデートなどを楽しんでいる人もいます。

パパ活は、風俗やキャバなどとはまた違った魅力のある大人の遊び。

「パパ活してみたいけどよくわからない」というあなたのために、パパ活とは何か、そのメリットや料金相場、パパ活女子との出会い方まですべてをご紹介します!

SugarDaddy

パパ活とは?

そもそも「パパ活」とはなんなのか。

「パパ活」とは、女性が男性とデートや買い物をする代わりに、その見返りとして金銭を受け取るという活動です。

欲しいものを与えてくれる年上の男性を俗語で「パパ」と呼ぶため、パパ活と呼ばれています。

最近ではドラマのタイトルにもなったりで、何かと話題を集めていますよね。

「それ、援助交際となにが違うの?」

とお思いになる方もいらっしゃるでしょうが、援助交際との決定的な違いは「肉体関係がないこと」。

援助交際は女性が肉体関係を持つ対価として金銭が支払われますが、パパ活はあくまでも買い物や食事に付き合ってもらうだけ。その対価として、金銭が支払われます。

パパ活の料金相場は?

では、パパ活で支払われるお礼の相場はどれほどのものなのでしょう。

パパになっている男性の収入や女性の拘束時間にもよりますが、だいたい一回のデートで1〜3万円と言われています。

基本的にはデートしたその日に現金を渡すパターンが多いですが、中には「月初めにまとめて支払って、週に必ず1回は会う」という具合に、月極契約を交わす場合も。

料金の支払い方に関しては、パパ活のお相手になる女の子との交渉で決まります。

パパ活をしているのはどんな女性か?

パパ活をしている女性には、

  • 女子大生
  • 美容師
  • アパレル店員

なんかが多いです。あとは、水商売の女の子もちょくちょくいます。

彼女たちに共通して言えるのは、「給与が低い、もしくは無い」ということ。

正直に言ってパパ活をしている女性の目的はほとんどが「金」です。もちろん他の事情もあるでしょうが、9割のパパ活女子が当てはまります。

水商売の女性に関しては給与は低くないですが、単純に「もっと金がほしい」という動機でしょう。

一流外資系金融に務めてるOLとか、パパ活しなくてもお金がありますからね。一般企業に務めてて、パパ活をしているという女性の話は、今まで聞いたことがありません。

パパ活のメリットって何?

続いては、パパ活のメリットについてです。

女性にお金を払うといえば、やはり風俗やキャバというイメージが強い男性も多いでしょう。

しかしパパ活には、そういったサービスにはない魅力があります。

風俗・水商売とは違う女性と出会える

風俗や水商売の女性とは違う、「素人の女の子と出会える」というのは、パパ活の魅力の一つ。

正直な話、風俗嬢とか水商売の女は、「仕事」という意識しか持っていない事がほとんどです。

つまり、客を一人の人間としてではなく、「お金を落としてくれる対象」として見る傾向が強いということ。

風俗なんかだと、「ヤラせればいいんでしょ、早く金よこせ」みたいなひどい接客態度の嬢も少なくありません。

キャバクラにしたって、女の子と楽しく話はできますが、いわゆる「普通の恋愛」とはどこか違いますよね。相手は話を聞くプロなので、こちらの人間性なんてそこまで見てませんし、お金を落とさない客にはそれなりの対応をします。

でも、パパ活は違います。

キャバや風俗の女よりも、パパ活女子はこちらの人間そのものを見てくれますし、たとえそこにお金が絡んでいてもこちらとの「恋愛」を楽しんでくれます。

つまり、パパ活女性は「恋愛のプロ」ということ。

中には口下手なパパ活女子だっていますし、そういう子に対して「どうやって心を開かせるか」みたいな駆け引きができるところも、パパ活の魅力ですね。

女性の扱い方を磨ける

パパ活には、「女性の扱い方を磨ける」というメリットもあります。

先ほども触れたように、パパ活はお金が絡んでいたとしても「恋愛」です。

肉体関係はありませんが、女の子とのデート中には「どうやって女の子を喜ばせるか」、「どうしたらもっと好きになってくれるか」など、色々考えるわけです。

そういうことを繰り返していると相手の気持ちを考えるようになるので、確実に女の扱い方は上手くなります。

若い子に対する耐性もつくので、今後「パパ活相手じゃなくて、女子大生のセフレほしいな」ってなったときにも役立ちますよね。

都合のいい関係が築ける

パパ活では、「都合のいい関係」を築くことができます。

妻がいて、家庭がある場合でも「若い子とデートしたい」という気持ちは誰もが持っているもの。

ただ、家庭がある場合だと妻にバレてしまうのが厄介ですよね。

もし、お金が絡んでいない女の子をと遊んで好きになられてしまったら、こちらのプライベートに踏み込んでくる可能性もあります。

「奥さんと別れてよ!家まで行くから!」なんてなったら、かなり面倒です。

その点、パパ活ではそういった面倒は一切ありません。

相手もお金をもらっているので、「割り切った恋愛」を楽しんでくれます。

別に家の近所で会ったりする必要もないですし、自分さえ気を付けていれば、まず周りにばれることはないでしょう。

また実生活に干渉されないことに加えて、「面倒な連絡を一切せず、デートだけが楽しめる」というのも魅力。

普通の女性であれば、「今日なにしてたの~?」とか面倒なラインをしなくてはいけませんよね。

パパ活ではそういった女性をキープするために必要な行為は一切なしで、女の子とデートができます。

「お金には少し余裕がある、女の子と遊びたいけど、風俗嬢みたいなプロは嫌だ」というときに、最も都合の良い関係を作れるのがパパ活女性なのです。

女性がパパ活をする理由

女性がパパ活をする理由を、ざっとまとめてみます。

それぞれの理由ごとにパパ活女子に対する接し方も変わりますから、ぜひ参考にしてみてください。

金がほしい

一番多いのはやはり「金のため」ですね。

ただ、お金が欲しい理由は、「ブランドものいっぱい買いたいから」というゲスいものだけではありません。

  • 学費を稼がなくてはいけない
  • 借金がある
  • 本業だけじゃ食っていけない

など、やむをえない理由でパパ活をしている女の子もたくさんいます。

そういった金目的女の子には、「自分が金銭的にサポートしてあげている」という気持ちで接してみるのがおすすめ。「自分がいなきゃ飯食えないんだろ?」くらいの勢いです。

自分が彼女のパトロンになったような気持で、すごい優越感を味わえますよ。

ただ男性と一緒にいたい

中には、単に「男性と一緒にいたい」というパパ活女子もいます。

誰にだって、「彼氏いないし、ひとり暮らしだし、男の人にそばに居てほしい…」というときはありますよね。

「それでお金ももらえるなら、ついでにもらっちゃおう!」くらいのノリでパパ活をしているのがこのパターンです。

こういう女性には、「自分が寂しさを満たしてあげてる」という気持ちで接してあげるのがいいでしょう。

「自分がいなきゃダメなんだな…」若かりしころ恋をしたときに感じた、あのドキドキが蘇ってヤバいです。

刺激を求めている

日常生活に刺激を求めている」という場合もあります。

特に大学生の女子なんかだと、生活はマンネリ化しがち。周りはダサい大学生男子ばっかだし、バイトなんかでも出会いがない。こうなると、年上の余裕ある男性と絡んでみたいと思うのは当然です。

それに、まだ世間のことをよく知らないゆえに好奇心が強いことも原因でしょう。「大人の世界を見てみたい!」って、女子大生にはありがちな欲求ですから。

そういう目的でパパ活している女の子には、もちろん大人の余裕をかましてやりましょう。

女子大生が行けないような、ちょっと高いお店でディナーとかできるといいですね。

もちろんパパ活料金は発生していますが、純粋に「大人の男性ってかっこいい」と思ってもらえるはずです。

パパ活に向いている男性

「女に高い金払うんだったら絶対パコらなきゃダメでしょ!」という男性はまずパパ活に向いていません。そういう人は風俗に行きましょう。

以下では、パパ活に向いている性格、また条件をまとめます。

パパ活をしてみたいという人は、当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

平均的な収入がある

平均的な収入がある」というのは、パパ活をするうえで欠かせない条件です。

パパ活をするにはお金があるに越したことはないですが、年収1,000万とか稼いでいる必要はありません。

一般的な収入(400万円くらい)あれば、十分パパ活を楽しむことができます。

先ほどもご紹介したように、お礼の相場は1〜3万円。もしご飯に行くことになったとしても、支払うお金はご飯代を含めて3~5万円というところです。

独身で年収400万稼いでいれば、全然出せる金額ですよね。月に何度もとなったら話は別ですが、1~2回だったら余裕でしょう。

家庭がある場合でも、月に一度くらいならパパ活できるはず。奥さんにばれないように、何とかやりくりしてください。

性欲がない・もしくは他で満たせている

性欲がない、もしくは他で満たせいている」というのも大切な条件。

パパ活はあくまでも、「肉体関係はなし」という契約です。

もし途中でムラムラしてヤりたくなったら、我慢できますか?僕は絶対できません。

しかし、ヤってしまったらそれは「援交」になってしまいます。風俗に行くのとなんら変わりませんし、事件に発展するリスクもあるわけです。

したがって、パパ活女子と会うときは性欲は排除しておく必要があるということ。

「ちょっと性機能が衰えてきたかな?」とか、「性欲を満たす相手は他にいる」という男性は、パパ活に向いていると言えますね。

女ではなく「子供」のような存在が欲しい男性

もはや女性ではなく「子供」のような存在が欲しい男性も、パパ活には向いています。

パパ活は女の子に金銭的援助をするので、いわば「自分がその女の子を育てている、養っている」ような気分になるんですよね。

これは、おじさんたちがアイドルと握手するためにCDを何十枚も買ったりするのと同じ心理。

彼らも、アイドルを「育てたい、応援したい」みたいな親心からそういう行動をとるわけです。

もう子供がいてもいい歳だけどいない、もしくはもう子供が一人立ちしてしまって寂しい、みたいな男性はパパ活をしてみるといいでしょう。

風俗・キャバクラに飽きた男性

「もう、風俗やキャバクラには飽きた…」という男性は、パパ活に手を出してみてはいかがでしょうか?

風俗やキャバは不特定多数の人間にさらされている女と遊ぶわけですから、なんだか「特別感」がありません。

お金さえ払えば、どんな男でも相手をしてもらえるわけですからね。

もちろん、パパ活だってお金が発生します。しかし、パパ活女子は「仕事」という意識をそこまで強く持ってはいません。

相手が嫌な男性であればデートを断るでしょうし、そこがキャバや風俗との決定的な違いです。

ですので、パパ活ではキャバや風俗では感じられない「愛情」が感じることができます。

相手がこちらに好意を抱いて、デートをしてくれる。つまり、こちらを選んでくれているということですからね。

性欲を満たすことはできませんが、お金で愛情を感じられるのはパパ活だけ。キャバや風俗に代わる新たな楽しみになるはずです。

パパ活している女性と出会う方法

では、具体的にパパ活女子と出会う方法についてご紹介します。

クラブ・バー

まずは、「クラブやバー」です。

クラブやバーで知り合った子とデートしているうちにパパになった、という例は少なくありません。

バーであれば、従業員の女の子とそういう関係になることも多いです。どちらかというと、こちらのほうがパパ活の相手を見つけやすいでしょう。

クラブはナンパテクニックが必要になりますが、バーであれば不要。また、従業員の女の子と話すのは客として自然なことです

行きつけのバーがあればそこの女の子をデートに誘ってみて、パパ活を持ちかけてみてはいかがでしょうか。

なにも援交するわけではありませんし、嫌がる女の子は少ないはずです。

ただ、やはりそのお店に足繁く通っているとか、かなりお金を落としているとか、そういった強みがないと難しいかもしれません。

数回来ただけなのに、デートに誘われてパパ活を持ちかけられたら、相手も「ちょっと怖い」と感じてしまいます。

常連になって、こちらのことをよく知ってもらった上でパパ活を持ちかけましょう。あわよくば、ちょっとお金に余裕のあるところを見せられるといいですね。(ボトル開けるとか)

デートクラブ

デートクラブ」でパパ活の相手を見つけるパターンもあります。

デートクラブとは、女性とのデートを斡旋してくれるサービスのこと。

入会金やセッティング代を支払うことで、女性と食事したりすることができます。

もちろん、デートクラブ側はセッティングまでしか関与してこないので、女性と会ってからは基本的に自由。ここでパパ活を持ちかける男性は多いです。

デートクラブ側が出会いを作ってくれるので、自分で相手を探しに行く必要がないというのは大きなメリットですね

しかし、デートクラブにはデメリットもあります。それは「料金が高いこと」。

利用するサービスにもよりますが、入会金の相場は大体3〜5万円。そしてセッティング料も3万円ほどかかるところがほとんどです。

一人のパパ活女子を見つけるためにトータル8万は、少し高いかもしれませんね。

収入に余裕があればいいですが、平均的な収入しかない男性には、あまりおすすめできる方法ではありません。

出会い系

パパ活女子探しには「出会い系」も使えます。個人的には、これが一番おすすめ。

出会い系には検索機能があるので、パパ活女子がすぐ見つけられます。

実際、女性側も出会い系でパパを見つけている人の割合が一番多いのではないでしょうか。デートクラブに入会するよりも敷居が低いですし、どこでもパパを探せますからね。

出会い系では、基本的に「掲示板検索」という機能を使ってパパ活女子を探します。

掲示板にはパパ募集の書き込みがたくさんあるので、その中から好みの子を見つけましょう。

例えば、これは僕も使っている出会い系の掲示板検索画面。ここに「パパ」というキーワードを入れて検索をかけてみます。

すると、このようにパパを募集する旨の書き込みがたくさん。

試しに一つ覗いてみると、

こんな感じで女性はパパを探しています。プロフに飛べば顔を見ることもできますから、ぶっちゃけ出会い系なら選び放題です。

>>出会い系でパパ活女子を探してみる

マッチングアプリではなく「出会い系」を使う

ネットでパパ活女子を見つける際の注意点は、マッチングアプリではなく、出会い系を使うことです。

マッチングアプリは利用者の目的が「友達・恋人・結婚相手探し」。なので、パパ活のようにお金の絡む書き込みをしている女性は少ないのが特徴的。というか、ほとんどいません。

ですので、パパ活女子を探すのあれば「割り切り目的、セフレ探し」なんかでも使われる出会い系の方が見つけやすいです。

ただ、出会い系の中には「パパ活」的な使い方を推奨していないサービスもあります

特に「パパ活目的で使ってもいいよ」というスタンスのサービスは以下。

どうせならサービスの運営元がパパ活を良しとしているところの方が何かとやりやすいです。

特にパパ活に力を入れてるのがシュガーダディ(R18)ですね。

どれも老舗の出会い系で会員数も多いので安全。これらに関しては料金も後払いですし、架空請求の心配もありません。

気になる料金ですが、だいたい月に3,000〜4,000円くらい。まぁ、一ヶ月もあれば絶対にパパ活の相手は見つかるはずですし、とりあえず色んなサイトに登録してみて、見つかったら利用をやめるのもアリです。

男女ともに無料登録できます。

まとめ

パパ活のメリットや料金相場、パパ活女子と出会う方法などをまとめました。

「お金で女の子を養う」これだけ聞くとそれなりの収入が必要に思われますが、平均的な稼ぎがあれば十分にパパ活を楽しむことができます。

もしお金に余裕が無いのであれば、女性探しは出会い系がおすすめ。デートクラブに登録するよりも、遥かに安く済ませられますからね。

あなたもパパになって、風俗やキャバとはまた違う大人の遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか?