出会い系アプリ

ペアーズの代表取締役への取材から見るサービスの仕組みと攻略

更新日:

携帯とレイアウトでユーザー インターフェイス設計

株式会社The Startup代表取締役の梅木氏が、ペアーズの運営元である株式会社エウレカの代表取締役である赤坂氏への取材をした記事を上げています。

【参考】絶好調なオンラインデーティング「Pairs」の細やかなUX施策

ビジネス視点での記事ですが、興味がある人は元の記事を見てみてもいいかもしれません。

ペアーズのユーザーとしても非常に参考になる内容でしたので、重要な部分をピックアップ(引用)して紹介したいと思います。ペアーズ攻略の参考にしていただければ幸いです。

>>pairs公式はこちら

pairs

ペアーズはマッチングに力を入れている

ペアーズのユーザー体験

ペアーズはUXが非常に素晴らしいです。UXというのはユーザー体験などと和訳されるものですね。サービスのデザインなどを含めて、使い勝手とかユーザーの行動などのことを言います。

ペアーズにおける最高のユーザー体験は以下のようなものであるとされています。

Pairs上での最高のユーザー体験とは、好みの相手を見つけてデートをし、男女交際に至るというものである。

これは納得です。これを実現するために、企業努力(サービス側)で出来る部分と、ユーザーが頑張る必要がある部分とがあります。それをわかりやすくするために、次のように分解して見ています。

  1. 好みのユーザーを見るけるか、好みのユーザーから「いいね!」される
  2. お互いが「いいね!」してマッチングする
  3. メッセージで円滑なコミュニケーションが生まれる
  4. オフラインで会う

この中で、主に1がサービス側の努力でマッチング率に貢献できる部分。2は好みなどの問題。3・4はユーザーの能力や努力しだいということです。

誰もが「いいね!」が貰える仕組み

いくらペアーズが優秀でも「ただし、イケメンに限る」だろうと思っている人に朗報。

新規登録ユーザーを優先表示したりして、自然誘導を図っている。
自然淘汰であれば顔面偏差値や経済力が高いユーザーに「いいね!」が集中しやすい。そうではなく、モテないユーザーをモテるようにするアルゴリズムにより、Pairs内での露出頻度を増やして、より多くのユーザーが1度は「いいね!」されるような体験を得てもらうような設計をしている

イケメンや金持ちしかいい思いが出来ないサービスであれば、ペアーズとしても売上が上がらないので困るわけです。ですので、より多くの人がマッチングをして楽しんで貰えるようにペアーズとしては頑張っているんですね。ペアーズはユーザーの味方です。

実際に女性を検索して出てくる結果は、検索した条件に当てはまる人が「おすすめ順」に出てきます。この「おすすめ順」というのが、ペアーズ側でうまくマッチング出来るように考えられたアルゴリズムによるものなんですね。

コミュニティ機能でスペック以外の魅力が伝わる

ペアーズにはコミュニティ機能があります。自由にコミュニティを立ち上げたり、参加することが出来るようになってます。

男性であれば年収や学歴、女性であればルックスが良いなど、スペックが高ければ人気が出る可能性は高い。一方でそういったスペック軸には表れない趣味が、どのコミュニティに入っているかで可視化され、マッチング精度を上げる一助となっているのではないかと想定される

ただ、この機能はコミュニティ内での会話や交流などはありません。「その人が、どのコミュニティに入っているのか」と「このコミュニティに入っている人は誰か」が分かるだけです。

これによって、プロフィールで設定したり検索ができない、趣味や嗜好などの細かい部分で人となりが分かるというものですね。スペックとは別に「趣味が合う」とか「性格が好みかも」なんてところからマッチングにつながる可能性もあります。

また、マッチングした後やオフラインで会うときも、お互いの趣味・嗜好がわかっていることにより円滑な交流の手助けにもなるはずです。

ペアーズの利用者として努力できる部分

サービスが優れていたとしても、利用者側の努力は必要です。最低限ここは意識してやるべきというものをあげます。

魅力が伝わるプロフィールにする

これは当たり前かもしれませんが、意外としっかり取り組めてない人が多いところでもあります。

プロフィールと言っても、ただ必要事項を入力して埋めればいいというものではありません。そのプロフィールを見た人が「いいな」と思わなければ「いいね!」は押されないのです。

これは変に嘘をついたり必要以上の過大表現をしろというものではありません。同じ情報でも伝え方によって受け取り方が違いますので、うまくアピールしようということ。

履歴書や面接での自己アピールや、営業でお客さんに商品を勧めることを考えれば同じです。相手が見てどう感じるかというのを意識した上でプロフィールを作成したいですね。

人気があるプロフィールのヒント

これも非常に参考になると思います。

宣材写真ではなく自然な写真。男性であればサッカーをしてる姿やカフェにいる姿の写真の方が人気があり、顔写真だけではなく、テキストより写真で伝えた方が良いであろう趣味の写真が載っているユーザーの方が人気があるようだ

これはあると思います。プロフィールの写真は単にルックスが分かればいいだけじゃないんですね。

顔写真の他に、体型や雰囲気が分かる写真。また、趣味やどんな生活スタイルかが想像できるような写真も掲載しておくのがベターです。どんな人かが分かる方が安心感や好感につながるものです。

また、スペックに関しては次のようになってるようです。

ちなみに男性ユーザーは年収1,000万円くらいのサラリーマンが一番人気があるようだ。本誌の読者にとっては悲報だが、経営者は不人気のようだ。

そこそこ高給なサラリーマンが人気のよう。僕は残念ながらサラリーマンではないので、別のところでアピールします(汗)

年収1000万なんて男性の上位数%くらいしかいないのに、女性も相場が分かっていないというか高望みしますよね。。。

あくまでも現実を見ていない、理想レベルの要求だと思いますのであまり気にしなくていいと思います(笑)

まとめ

話をまとめます。ペアーズは婚活や出会い関連のサービスの中でも、かなり真面目にデザインやユーザー体験について力を入れている優秀なサービスだと思います。

つまり、あとは利用者側が必要最低限の努力や工夫をするだけで出会える可能性は十分にありますよということ。いくら頑張ってもサービス自体がダメだったら努力が無駄になりますからね。

>>pairs公式はこちら

-出会い系アプリ
-

Copyright© 出会いの季節 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.