女性から食事に誘われた!女性心理を知ると脈ありか脈なしかがわかる

モテる方法

女性から食事に誘われた!きっとその女性から好意を持たれていると感じて舞い上がってるかもしれません。

それと同時に「これは脈ありなのかどうか」と悩むこともあると思います。

男性心理からすると、二人きりで食事に行く=相手のことが好き、というのは自然なことで、あわよくばセックスまで持ち込みたいと考えるのが普通です。

しかし、女性の心理はそれとは異なります
食事に誘われたからと言ってセックスができると思い込むのは早いのです。

男と女の心理の違いを簡単に言うと以下。

男性:生理的にOK(ヤれる・ヤリたい)→デートで口説く→セックス
女性:生理的にOK(デート可)→デートでヤってもいい相手かどうか判断→OKならセックス可

つまり、男性の場合は食事に誘う段階で既に「相手とヤれる・ヤリたい」状態。
女性は、デートを経て「ヤってもいい相手かどうかが決まる」という順番です。

ですので、女性から食事に誘われた段階では脈あり・なしはまだ決まっていません
脈があるかないかはデートの結果しだいということ。

食事に男性を誘った時の女性心理について解説します。

女性が男性を食事に誘う理由

男性心理からすると、食事やデートに誘うのは脈ありな女性だけです。

特に興味がなかったり、ヤリたくないと感じている女性を、自分から食事に誘うなんて言うことは考えられませんよね。

食事に誘うのはセックスしたい・してもいいと思える女性だけです。

しかし、女性の場合、特に好意を持っていない相手でも、様々な理由で食事に誘うことがあるのです。
女性が男性を食事に誘う理由を、以下で見ていきます。

ただそのお店の食事が食べたい場合

好意を持っていない男性を食事に誘う理由の一つに、そのお店に行って食事がしたいだけ、というものがあります。

つまり、目的はお相手の男性ではなく、目の前にあるディナーというわけです。

あなたを金銭的に利用している場合

あなたを「財布」として見ている場合もあります。

もし、誘われた女性に1度でもご飯をおごるなど、金銭的に援助をした経験がある場合、その確率はかなり高いです。

「今日はちょっといいご飯が食べたい…そうだ、あいつを使おう」程度に思われているという悲惨なパターンです。

あなたに好意がある場合

もちろん、本当にあなたに対して好意がある場合もあります。「あの人ちょっとかっこいい、ご飯に誘ってみよう」というわけです。

事前に、「彼女がいないか?」という質問をしてくるなどした場合は、この確率が非常に高くなります。

「よし、それなら帰りに絶対セックスできる」と思った人、実はそれ間違いです。

女性の場合、たとえ相手に脈があり食事に誘うまでしていても、それはまだセックスOKの意味ではありません。がっかりした男性、多くいるでしょう。

それには、男女の心理構造の違いが大きく関わっています。

食事に誘う男女の心理の違い

男女二人きりで食事に行く、その時の男女の心理には、どのような違いがあるのでしょうか?

食事に誘う相手が「生理的にOK」というのは男女の共通項

男女ともに、食事に誘うのは、最低限生理的にOKな相手だけです。

男性が食事に誘う女性は、ほとんどがお付き合いをしたい女性、もしくはセックスがしたい女性ですから、生理的に無理なはずがありません。

女性の場合もそれと同じで、デートに誘うのは、生理的に大丈夫と感じている男性です。

あなたを財布として利用している場合・そのお店に行きたいだけの場合・本当に好意がある場合のいずれにしても、女性から誘われれば、つまり「あなたは生理的にOK」というサインが出たことになります。

【男性の場合】生理的にOK=セックスできる=食事に誘う

男性の場合、自分から食事に誘う相手は、大抵セックスの対象になりえます。

男性はセックスに対して、愛や心よりも、肉体的な快感を求める傾向が強い生き物です。

好きでない相手とはセックスができない、という女性が多いのに対して、男性はセックスさえできればいいと考えている方が多くいます。
風俗店が男性のためにしか存在しないことを考えれば、納得出来るでしょう。

ですので、男性が女性を食事に誘う場合の心理は以下、

  1. 生理的に無理じゃない
  2. セックスができると判断
  3. 食事に誘う
  4. 口説く
  5. セックスする

というものになります。
1度はこの流れを実践したという男性も多くいると思います。

【女性の場合】生理的にOK=食事に行ってもいい

男性が生理的にOKな相手とはセックスができる、というのに対して、女性は生理的にOKな相手でも、セックスができない場合があります。

上記でも述べたように、女性はセックスに対して「心のつながり」を求める傾向があります。

本当に好きな相手でなければ、セックスできるという判断を下さないのです。したがって、男性を食事に誘うときの心理も、男性のそれとは異なります。

女性が男性を誘うときの心理は以下、

  1. 生理的に無理じゃない
  2. 食事に誘う
  3. そこで恋人になる、もしくはセックスできるか判断

というものになります。

女性から食事に誘われたから、当然のごとくそのあとホテルに誘ってみたが失敗した、という覚えのある男性もいるのではないでしょうか?

実はこの男女の心理の違いが原因だったのです。

女性に誘われた=査定対象になった

女性が男性を食事デートに誘うときの心理はわかりましたでしょうか。

女性が男性をデートに誘うのは、あくまでもその人とセックスしても大丈夫か?ということを判断するためです。

就職で言うと、書類審査は合格ということですね。
ここから面接だったり、実技試験を合格してようやく採用(セックス出来る)です。

ですので、男性心理を優先させて、「相手も自分とセックスしたい・してもいい」と思い込み、先走って行動すると、大きな失敗をする危険性があります。

例えば、あなたに好意をもって食事に誘ってきたとしても、その日のうちにホテルに誘われれば、げんなりしてしまう女性もいます。

女性側が、ゆっくり時間をかけて、仲を深めていきたいと考えていた場合はなおさらでしょう。

そんな場合、もしその日にホテルに誘わず、じっくりデートを重ねればセックスができる可能性もあったかもしれません。

しかし後悔は先に立たないものです。女性は帰ってきません。

そんな失敗を起こさないためにも、女性から食事デートに誘われたからと言って、「すぐセックス!」というような焦りは禁物なのです。

あくまでも、脈あり・脈なしの判断をするためのお誘い、ということを肝に銘じてください。

女性のセックスOKサインを見分ける

では、女性が男性と食事をして、恋人にする、もしくはセックスしてもいいと判断した場合、どのようなサインを出すのでしょうか?

ボディタッチはあてにするな

ボディタッチ=セックスOKのサインと思い込んでいる男性は多くいます。

しかし、女性にとって、ボディタッチは一種のあいさつみたいなもので、脈のない男性にもするものなのです。

むしろ、女性心理としては好意があればあるほど男性にボディタッチができなくなってしまいます。

女性は男性に比べてガツガツ行く生き物ではないですから、それも頷けますね。

※股間タッチは例外

一番信頼できるのは「翌日の予定確認」

あなたとセックスしてもいい、と思っている女性が出すサインで、最も信頼できるのが、予定の確認です。

例えば、「明日は仕事休みなの?」など翌日の予定が空いているかどうかを確認してくれば、もうホテルに誘っても大丈夫な証拠です。

翌日の予定が空いているか確認するということは、「今日の夜、あなたともっと過ごしたい」というサインにほかなりません。

また、予定を確認されなくても、「明日休みだし、何しようかな…」など、自分が翌日休みなことをアピールしてきた場合も、同様のサインといえます。

ディープキスまで出来たらセックス可

普通のキスでなく、ディープキスです。

デートの流れでディープキスが出来たら、体を許せる程度には心を開いているということです。

舌入れ無しの普通のキスはコミュニケーションの延長線上くらいなものなので、まだセックスまで出来るかの判断にはなりません。

もし、これらのサインが出た場合、迷わず抱くことを選択してください。

【まとめ】

女性が男性を食事に誘うときの心理について解説しました。

女性が男性をデートに誘うのは、あくまで脈あり、脈なしを判断するためです。

チャンスを逃さないためにも、セックスを急ぐのはやめましょう。

しかし、もしOKサインが出れば話は別、ヒツジのキグルミを脱いでオオカミになって、ホテルへGOです。

セックスフレンドの作り方まとめ│確実にセフレを作る方法
「セフレが欲しい」 これは、世の男性誰しもが持っている願望です。 彼女以外に定期的にセックスできる相手がいれば、彼女とのマンネリ防止にもつながりますし、性的に貧しい思いをすることもありません。 セフレは男性にとってメリット...