水商売の女が基本クソなのを踏まえてのセックスする方法。

セックスしたい

キャバクラやガールズバーなどで働いているキャストさんについて。

僕もたまに飲みに行きますし、ご飯行ったりセクロスしたりもするのですが、やっぱこの界隈の女はちょっとダメだなーと思うことがあったので記事にします。

一言でいうと、飲み屋というフィールドのパワーで自分の市場価値を勘違いしているバカが多いということ。

そういうのを相手にしてるだけ時間もお金も無駄なので、冷静に対等な立場で口説けるようにしたいです。

相手の勘違い(自己の過大評価)に間違って付き合わないように参考にどうぞ

こいつ舐めてる(勘違いしている)なという事例

%e5%8b%98%e9%81%95%e3%81%84line

ガールズバーの子です。

先に断っておきますが、これはキャバ嬢ではないので同伴狙いではありません。同伴しても給料かわりません。

あくまでも普通に時間が空いたからご飯連れてってほしいという内容。ただ、そのあとはガールズバーに出勤ということですね。

キャバの同伴している人にとっては、同伴無しで飯行けるだけでラッキーとなるかもしれません。

でも僕は断りました。

同伴無しだとしても「こいつ何いってんだ?俺を舐めてんのか?」という内容です。

次から解説します。

勘違いしている内容

彼女側の視点

彼女側の立場で、どういった理由で僕に食事の誘いをしてきたのかを見てみましょう。

彼女は、バーのバイトの他にもやっている活動(エンタメ系)があるのでなかなかプライベートな時間を使うことができません。

今回はたまたま出勤までに時間が空いたので僕に連絡をくれたという状況です。

彼女にとっては、少ないプライベートの時間であり、かつ他にも食事に誘える(誘われる)男もいます。

その貴重な時間を使う相手に僕を選んでくれたんですね。

要は、彼女の中ではその他大勢の客の中でも、僕は非常にプライオリティ(優先度)が高いと思ってもらえているわけです。

同伴関係なく、彼女の約2時間のプライベートを使うわけですから。

少なくとも彼女の中では、限られた時間を使ってでも僕とご飯に行きたいと思ってくれているわけです。

そう彼女の中では。。。

男側の視点

食事に連れていくということは少なくとも、2人分の食事代と時間とを使うわけです。

お金は、しっかり食べて飲んだら2人で1〜2万円。

おそらく2時間くらい時間を使うでしょう。

で、そのあとは彼女は出勤なので基本は解散。

相当相手に気を使ってやって同伴出勤。しませんけど。

これ何か僕にメリットあります?

単純に貧乏な飯乞食にタダ飯食わせてやるだけ

完全にボランティアですよね。

100%セックスできない(セックスするアプローチが出来ない)状態でアポをとるなんて無駄です。

水商売女が勘違いする理由

物々交換は同程度の価値なので成り立ちます。

それぞれがお互いに与えるものを整理してみましょう。

女が与えるもの 男が与えるもの
時間 2時間 2時間
お金 0 1〜2万円

これだと単純にメシ代だけ僕が損することになるので、成り立つわけがありません。

こういうお互いの利益が成り立たない提案を平気でしてしまうのが水商売の勘違い女です。

せめてメシ代が割り勘であればイーブンですが、ありえません。

ではなぜこういう勘違いが起きるのか??

それは、この表に別要素が加わると成り立つ場合があるからです。

1〜2万円分の不釣合いを成り立たせる要素は2つ。

  • セックス
  • 女性への好意

セックスできる(可能性がある)場合は成立

表にセックス(の可能性)を加えます。

時間 2時間 2時間
お金 1〜2万円
セックス(の可能性)

女性側がセックス(の可能性)を与えてくれるなら、時間とお金を与えることと対等になるので成立します。

つまり、「完全プライベート」か「アフター」であれば食事に連れていく意味があるということ。

出勤前などでそもそもセックスできる可能性がゼロの場合は食事に行く意味がありません

その条件をのんでしまう男をメッシーくんなどと言いますね。

ただの優しい足長おじさんです。

男ならセックスできるマラ長おじさんを目指しましょう。

女性に好意がある場合

男が女性に好意を抱いている場合は食事代などの損失が帳消しになります。

つまり、セックスできず金だけ払ってもその女性と食事に行きたいという場合。

これが水商売女が勘違いする理由です。

こういう、良くしてあげてればいずれ仲良くなって付き合える・セックスできると思い込んでいる男性は多いと思います。無理ですけど。

これらの女性に対して非モテコミットをしている勘違い男性が、女性に無償で食事などを提供するせいで、水商売女の勘違いが生まれるわけです。

タダで飯連れてってもらえるのが当たり前になっているんですね。

キャバ嬢・ガールズバーのキャストとヤりたい人は

女性に追わせること

水商売の女とセックスしたい人は絶対に無償で何かを与えてはいけません

食事代くらいは出してもいいと思うかもしれませんが、その裏には必ず、食事後にセックス(できる可能性)がなければ成り立ちません。

いくら好意があっても無償で与えないこと。

これを守らなければ、女性を男性が追いかけている(女性優位)の関係になるのでセックスまでいけません。

理想は、女性に追わせることです。

例えば、相手が「この日キャバ休みだから飲み行こう」とか「普通の居酒屋でいいよ」とかですね。

自ら男性側の負担を下げる提案などをして、男性に会ってもらえるように振る舞わせることです。

いきなり女性に追わせる(男性優位)の関係性を作るのは難しいと思いますので、せめて女性優位ではなく対等な条件でないと提案を受けてはいけないという話です。

だから、セックスのアプローチが出来る状況でなければ食事の誘いも断るのです。

断っているうちに、分かる女性なら条件や態度を変えて来ますが、勘違いが治らないやつは完全にバカなのでシカトが吉です。

他行きましょう。

好意があっても下手に出ないこと

好意があるとついつい無償で食事やらプレゼントやらを与えてしまいがちです。

好意があることを伝えても下手にはでないこと。

スタンスとしては、「他にセックス出来る女と飯に行くから、てめぇみたいな飯乞食に付き合ってる暇ねぇわ死ねやビッチ」てな感じです。

あ、言っちゃダメですよ。あくまでもそういうマインドで。

もちろん他にそういう女性がいないのが普通でしょうけど、セックスできる女がいるというていで接しましょう。そういう背景を匂わせるという感じですね。

すると徐々に相手から追ってきます。

そのうち本当にセックスできる相手が見つかれば、リアルにそういうスタンスになるので他の女が追ってくるようになりますよ。

女が追ってくる例

またちょっとだけLINE公開。

これまたガールズバーの子。昼職あり。

2016-10-13_21_23_13

2日連続で昼職終わり時間に誘ったのですが、ガールズバーのバイトが入っているので飯行けないと断られての流れ。

よくアポれなかったときに使うのですが「じゃまた来世!」って言ってます。

意味としては「てめぇ俺の誘い断りやがって、2度と誘わねぇわ死ね」です。

で、これを「来週」でも「来月」でもなくユーモアたっぷりに「来世」と言っているので、ネタだと思って返信が返ってくることが多いです。

「来世って(笑)」と返事が来てますね。

んで、そのあと僕は返事してないのがポイント

すると相手からすると「本気でもう誘われないのかな・・」と不安になります。

これで男性優位の状況。他にも女いるのでお前ぐらい切っても問題ないというのを匂わせているわけです。

そして最終的に相手からわざわざ都合が良い日を提示してくれてますね。

まとめ

せめて対等。

そこから男性優位に運べるようにするのが基本です。

水商売の女性に無駄金使いたくないわーって人は普通の女の子と飲み行った方がコスパいいですね。

今おすすめ!人気のマッチングアプリを比較
マッチングアプリや出会い系サイトと呼ばれるサービスは世の中に大量にありますが、使用目的別に大きく2つのジャンル(傾向)に分けることができます。 マッチングアプリ系 出会いアプリ系 ここでは「マッチングアプリ系」について...