出会いが無い 彼女・セフレが出来ない

彼女が欲しい?なら出会いの母数を増やすのが最重要

更新日:

彼女が欲しい?なら出会いの母数を増やすのが最重要

いつになっても彼女ができない、そんな悩みを抱えている男性は多いと思います。

どうしたら彼女ができるのか、あなたは必死に考えて答えを出そうとするでしょう。

しかし、考えているだけでは一生彼女などできません。

結論から申し上げますと、あなたに彼女ができないのは

  • 「出会いの母数」
  • 「成功率(ヒットレシオ)」

この二つが低いからなのです。

つまり、彼女をつくるためにはできるだけたくさんの女性にアタックする必要がある。

そして、そのアタックの成功率も上げていく必要があるということです。

あなたに彼女ができない理由、彼女を作る方法、お教えします。

出会い×ヒットレシオの問題

男性が生涯に付き合うことのできる女性の数は、

メモ出会いの母数(異性に出会う回数)×ヒットレシオ(異性にアタックしたときの成功率)

で決まります。

つまり、客観的に見てモテる男性、彼女を切らさない男性というのは、「出会いの母数」と「ヒットレシオ」が相対的に高いということです。

となれば話は簡単。

この出会いの母数と、ヒットレシオを高めていけば、必ず彼女ができます。

単純に考えて、出会いの母数が2倍に増えれば彼女ができる確率は2倍になりますし、

加えて、ヒットレシオが倍の数字になれば、彼女ができる確率は、初期値の4倍になります。

もう、出会いの数とヒットレシオを上昇させない理由はありませんね。

以下では、出会いの数、ヒットレシオの高め方を解説します。

成功率(ヒットレシオ)を高める方法

ではまず、成功率(ヒットレシオ)を高める方法から。

ヒットレシオを高めるには、女子を惹きつけるルックス作り、会話やLINEで連絡を取り合う際のテクニックが重要になります。

見た目は可能な限り良くする

ヒットレシオを高めるには、まず見た目を可能な限り良くすることが必要です。

恋愛は見た目で9割が決まるといわれています。

やはりルックスは大事です。

ファッションや髪形を変え、見た目をよくするだけで、格段にヒットレシオを高めることができます。

まずはファッションに関してです。

答えは簡単、「無難で清潔感のある格好」を心がけるだけで成功率を上げることができます。

女性の前でお洒落をしたいからといって、奇をてらった派手な格好は、逆にヒットレシオを下げてしまいます。

隣を歩いているのがわけのわからないファッションの男、というのはどう考えても嫌ですからね。

「嫌いな人がいないようなファッション」であれば、「ファッションが嫌いだからあの人無理…」というような機会損失のリスクを減らすことができます。

具体的には、ファッションECサイトでサンプル画像として張られているような、「誰もが好みそうなファッション」です。

迷ったら、黒ジャケットにシャツにチノパンでいいんです。

欲を言えば、サイズは細身、全身を3色以内でまとめると、大人っぽい印象になって好感度が上がります。

とにかく、清潔感を意識して、嫌われなさそうな、無難なファッションを意識してください。

髪型に関しても同じことが言えます。

ヘアカタログのトップを飾っているような、「無難で清潔感のある髪型」を意識しましょう。

雰囲気出したいからと言って、ロン毛にパーマは絶対NG。

中には好きな女性もいるかもしれませんが、短く整えたほうが無難です。

恋愛において、ファッションや髪形で女性の目を引こうとするのは失敗のリスクが大きすぎます。

大事なのは、嫌われる人の数を減らして、「ヒットレシオ」を下げないことです。

トーク力を磨く

トークを磨くことで、ヒットレシオを上げることができます。

女性とのトークでは、

  • 「聞き役に回る」
  • 「聞かれるまで自分の話はし過ぎない」

というのがセオリーです。

女性は男性に比べ、会話の内容よりも、コミュニケーションそのものを楽しむ傾向があります。

ですので、男性が気持ちよく自分の話をし続けて、女性が喋れないというのは、絶対NGです。

即刻、「無理な男」というレッテルを貼られます。

ですので、必ず会話では聞き役に回りましょう。

適度に相槌を打ち、「相手に気持ちよく話させること」を念頭においてください。

しかしこれはあくまで基本。

さらにヒットレシオを上げるには、それなりのトークテクニックが必要です。

「聞き役に回る」という基本を踏まえたうえで、もう一歩先に行くために必要な会話のテクニックをご紹介します。

ディスる

まず一つ目は「軽めのディス」。

こちらがディスることによって、相手の中で自分の価値を下げさせ、「こちらに認めてほしい」と思わせる方法です。

相手を軽くけなすことによって、相対的な価値が「男性>女性」となります。

ただ、ディスるだけでは意味がないので、そのあと必ず褒めましょう。例えばルックスのすごくいい相手にこのテクニックを使う場合、「可愛いね」、とか「素敵だね」というほめ言葉は全く効果がありません。

見た目のいい女性ほど、そのような褒め言葉は、言われ慣れています。

そこであえてルックスをディスります。

もちろん、顔や体のパーツは、コンプレックスにしている場合があるので触れてはいけません。

「今日の服変だよ」というように、ファッションなんかを軽くいじる程度がちょうどいいです。

その後で、今度は「気が利くよね」とか「頭の回転が速いよね」など、内面を褒めてあげます。

一度ディスっているので、相対的な価値はもちろん、自分>女性。

そうすると女性は無意識下で、「価値の高い相手に褒められた」と、喜ぶわけです。

しかもそれが褒められ慣れていないようなことだと、効果が高くなります。

ルックスのいい女性はルックスをディスって内面を褒める、ルックスの良くない女性は内面をディスって外見を褒める。

これが「ディスる」のテクニックです。

バックトラック

いわゆる「オウム返し」のことです。

  • 「私~が好きなんだよね」
  • 「そうなんだ、~が好きなんだ」

というように相手の言ったことを、ほぼそのまま繰り返します。

相手の言葉を繰り返しているわけですから、相手の答えは当然「YES」。

これを繰り返すと相手の頭の中に「YES」が染みついていき、こちらの印象も良くなります。

こちらが話の内容を考える必要がないので、会話が途切れずに進む、というのもバックトラックのメリットです。

ただ、これをやり過ぎると、「話聞いてないんじゃないの?」と思われてしまうので、適度に挟むくらいにしましょう。

これは恋愛だけでなく、上司や友達との会話に応用することもできるテクニックですので、色々な場面で使ってみてください。

ダブルバインド

相手に2択の選択肢を与え、そのどちらも自分に有利に働くような選択肢にしておくというものです。

たとえば、「今度ご飯でもどう?もし忙しかったら、お茶でもいいけど」というような具合です。

この選択肢どちらを選んでも、どのみち自分と女性は会うような仕組みになっています。

普通に、「食事でもどう?」という聞き方では、相手の選択肢はイエスかノー。

これでは、「自分と食事に来るかどうか?」ということを考えさせてしまっているので、少しでもこの人と食事に行きたくないと思われていれば、誘いを断られてしまいます。

しかし、ダブルバインドを使えば、女性の視点が

「食事に行くかどうか」ではなく、「ご飯にするか、お茶にするか」というところに移り、誘いが成功しやすくなります。

デートや食事なんかに女性を誘う際には、ダブルバインドを使って質問することをおすすめします。

LINEでの会話

ヒットレシオを上げるには、なにも面と向かった女性との会話だけが重要ではありません。

LINEでのやりとりも、ヒットレシオに深くかかわってきます。

LINEは文字を使ってやり取りをするため、会話にはないテクニックが必要です。

以下では、LINEのやり取りで女性に好かれるためのテクニックをご紹介します。

初めのうちは「やり取りを続ける」ことを目標にする

女性の連絡先をゲットして出会いの母数を上げたとしても、連絡が続かないのでは意味がありません。

ですので、女性の連絡先を交換し、連絡を取り始めた頃は、とにかくLINEを続けることを目標にしましょう。

コツとして、初めのうちは「要件のあるラインを送る」ということです。

たとえばバイト先の子と連絡先を交換したとすれば、「ごめん!明日のシフト確認してもらえる?」というような感じです。

要件があるので、相手は必ず返信を返します。

そのような要件のあるLINE適宜続けていって、仲を深めていければベストです。

この「要件のあるLINE」をしている段階では、お互いの中はまだ親密になっていないので、連絡はし過ぎないようにしましょう。

毎日のように、「明日のシフトなんだっけ?」

これでは下心丸見え、というよりただの変な人、気持ち悪がられるのがオチです。

それに毎日連絡が来るようだと、相手の負担になり、面倒臭がられる可能性があります。

初めのうちは1週間に1通以上、仲が深まってくれば雑談も交えつつ、もう少し連絡の頻度を増やしていくのがいいでしょう。

相手の文章に合わせる

女性とのLINEで長文はNGです。

確実に女性は「重い」と感じます。

大事なのは、自分の文章を相手の文章の長さに合わせること。

それより短すぎても、長すぎてもいけません。

たとえば、「昨日バイト先でお客さんに怒られちゃって、すごい落ち込んじゃった」「それは大変だったね」これでは短すぎます。

自分に興味、関心がないと思われて、好感度はダダ下がり、恋愛対象からすぐ外されます。

「そうだったんだ…お客さんに怒られると、その日一日ダメになっちゃうよね」など、文章の長さも合わせつつ、共感する気持ちを入れられればベストです。

会話と一緒で、「聞く」そして「共感する」が大切

LINEでのやりとりも、基本的には「聞き役」に回ってください。

女性はコミュニケーションそのものを楽しむ傾向があるので、LINEでも自分の話ばかりし過ぎるのはNGです。

聞き役に回るといっても、「うん、うん」とか、「そうなんだー」という返事だけでは、女性が話す気を無くします。

大事なのは、「聞いて、共感する」こと。

顔を向かい合わせた会話と一緒です。

共感することで、女性はどんどん自分の話をしてくれるようになります。

相槌の後に、「自分もあなたの考えに賛成です」という言葉をスムーズに入れこめるようになれば、女性との会話、LINEがかなり円滑になるはずです。

続く会話の練習には出会い系やマッチングアプリなんか最高ですよね。

マッチングアプリ
今おすすめ!人気のマッチングアプリを比較

マッチングアプリや出会い系サイトと呼ばれるサービスは世の中に大量にありますが、使用目的別に大きく2つのジャンル(傾向)に分けることができます。 マッチングアプリ系 出会いアプリ系 ここでは「マッチング ...

続きを見る

テクニックを磨くことも必要だが、結局は経験値

これまで、成功率(ヒットレシオ)を上げる方法を解説してきました。

ァッションやトークテクニックを磨くことで、ヒットレシオを上げることはできますが、それに必要なのが、「経験」です。

トークテクニックなどは顕著で、多くの女性との関りがなければ磨くことはできません。

いくら鏡の前でイメージトレーニングをこなしたとしても、物の女性を目の前にすれば、緊張してしまい、イメージ通りにはいきません。

つまり、女性に慣れる、そして経験値を積むためにも、一番手っ取り早いのは「出会いの母数を増やす」ということです。

出会いの母数を増やすことで、彼女ができる確率も上がりますし、同時に、経験によってトーク力などが磨かれ、ヒットレシオも高めることもできます。

能動的に行動する

出会いの母数を増やすには、とにかく「能動的に行動する」ほかありません。

「恥ずかしい」とか、「面倒臭い」という考えは捨てましょう。

それに、「いつか素敵な人が現れる」というのは嘘です。そんな男は一生童貞で終わります。

とにかく「自分から行く」というスタンスを持ち続けて行動してください。

それが、恋愛における勝者への近道です。

では、具体的に出会いの母数を増やす方法を以下で解説します。

出会いの母数を増やす方法

出会い系サイト・アプリを使う

出会いの母数を増やすには、まず出会い系サイトやアプリを使う方法があります。

出会い系のメリットは、自分とは遠い関係の女性と知り合えることです

何も考えずに出会いの母数を増やすなら、それこそ女友達やその友達、学生であれば学内の女子にアタックをかけまくればいいわけですが、これはかなりリスキーです。

同じコミュニティーの中で女性遊びを繰り返してしまうと、必ず悪いうわさが広まります。

最悪、その場に居ることができなくなる、なんていう事態になりかねません。

ですので、出会いの母数を増やすため、自分に近い関係の女性に手を出しまくるのは避けたいところです。

その点、出会い系サイトは自分とは全く関係のないコミュニティーの女性と出会えますから、悪いうわさが広まる心配はありません。

事前にある程度、女性が住んでいる地域や年齢を指定できるサービスがほとんどなので、「知り合いと出会ってしまうかも…」という心配要素は、あらかじめ排除できます。

もし仮に、自分と近しい関係の女性だった場合でも、すぐに関係を断ち切ればいいだけです。

また、出会い系は多くの女性と関わりを持つことができるので、

LINEでのやりとりや、女性との会話の練習になる、というのもメリットです。

そもそも「出会いたい」という願望のある人が登録するものなので、出会える女性の数は、普通に生活している場合の何倍にもなります。

申し上げたように、成功率(ヒットレシオ)を高めるには「経験」が重要です。

出会い系では、たくさんの女性と出会うことが可能なので、

たとえうまくいかなかったとしても、次につながる経験を豊富に得ることができます。

しかし、出会い系サイトにはデメリットもあります。

例えば、時間がかかってしまうことです。

出会い系では、お互いに条件がそろってマッチしたとしても、そこから何度もやり取りを重ね、「会ってもいい」と女性が判断した段階で、初めて顔を合わせることができます。

そのため、初めから顔を知っている女性を口説く場合よりも、相当な時間がかかってしまいます。

多くの時間を割くということは、

それだけ他の女性と関係を持つ機会を逃してしまっているということです。

また、出会い系では犯罪などに巻き込まれる危険性もあります。

出会い系の中でも、「違法サイト・アプリ」と呼ばれるものは、薬物や売春などの犯罪の温床です。

それを理解していないと、思わぬところで自分の身が危険にさらされてしまいます。

出会い系には様々なメリットもありますが、使う際には、リスクをしっかり把握し、「危ないと感じたら踏み込まない」という判断も大切です。

今おすすめ!人気の出会い系アプリを比較
今おすすめ!人気の出会い系アプリを比較

マッチングアプリや出会い系サイトと呼ばれるサービスは世の中に大量にありますが、使用目的別に大きく2つのジャンル(傾向)に分けることができます。 マッチングアプリ系 出会いアプリ系 ここでは「出会いアプ ...

続きを見る

合コンに行く

合コンに参加することも、出会いの母数を上げる有効な方法です。

合コンのメリットは、参加している人数が少ないので、「女性と親密な関係になりやすい」ということです。

たとえば、クラブでナンパをする場合、一人の女性にターゲットを絞ったとしても、敵は周りに何人もいます。

きっとその女性は一晩のうちに何人にも声をかけられるので、相当努力しない限り、あなたは印象に残らないでしょう。

しかし、合コンの場合、敵は多くとも2~3人。

男性陣の中で談合すれば、敵の数をゼロにすることだってできます。

そうなると、ターゲットの女性とはゆっくり話すことができますし、連絡先だって交換することは難しくないでしょう。

しかし、参加者が少ないゆえのデメリットもあります。

「女性を選り好みをしづらい」ということです。

合コンの参加人数は多くて男女4人ずつ、敵も少ないですが、選べる女性の数も少なくなります。

例えば、参加している女性の中に、少しも好みの女性がいなかった場合、

その日はむなしく、一人で家路につくしかありません。

このように合コンには、「何も収穫がない」という危険も潜んでいます。

しかし、出会いの母数を上げるためには、四の五の言わずに合コンに参加しまくることです。

トークや女性に慣れる練習にもなりますからね。

街コンに参加する

街コンに参加するのもいいでしょう。

街コンとは、町全体を使って行われる、公認のナンパ大会みたいなものです。

システムを簡単に説明すると、

  • 同性二人がグループになる
  • 指定された店に行って異性のグループと話す
  • そりが合わなければすぐ席を立っても良い
  • お互いがもっと話したいと思えば、そのまま話すことも可能

というもの。

街コンの最大のメリットは、「多くの女性と出会えること」そして、「ほとんどが出会い目的で参加しているため、連絡先の交換が簡単にできる」ことです。

街コンには、少なくとも100名以上の男女が参加します。

ですので、異性と出会える数は合コンや普通の飲み会とは比較になりません。

しかも、ほとんどが出会い目的ですから、趣味や話が合えば、簡単に連絡先を交換できます。

基本的には誰に声をかけてもOKなので、「成功率の高いナンパが何回もできる」という、とても魅力的なサービスです。

しかし、街コンにはもちろんデメリットもあります。

例えば「宗教やMLMの勧誘」です。

街コンでは、多くの異性が交流し、簡単に連絡先を交換します。

中にはそれを利用して、宗教に勧誘したり、マルチ商法をすすめてきたりする女性もいます。

少しでも「おかしい」と感じたら、関係を断ち切りましょう。

もちろん、そのようなリスクはありますが、出会いの母数を増やすということで考えれば、ここまで効果的な方法はありません。

リスクを取らないこともまた、最大のリスクです。

参加費は男性の場合3000~5000円ほど、そんなに高いものではないので、ぜひ参加してみてください。

出会いを増やす方法としての街コンのメリット・デメリット

彼女やセフレを作るには、何よりも女性との接触回数、つまり「出会いの母数」を増やすことが重要です。 出会いの母数が少なければ、たとえ成功率が高かったとしても、彼女やセフレができる可能性は、低くなってしま ...

続きを見る

ナンパをしてみる

出会いの母数を増やす方法、最後はナンパです。

路上ナンパは合コンや出会い系に比べて難易度が高く、

成功するには、メンタルの強さ、そして高度なトークテクニックが必要とされます。

しかし、初めのうちはナンパを成功させようと思わなくていいです。

繰り返しているうちに、自然と女性を喜ばせる技術、より深い会話に持っていく技術がついてきます。

これがすなわち「経験」ということです。

ナンパでの経験は、恋愛における成功率(ヒットレシオ)を大きく高めてくれます。

ですので、断られるのを覚悟して、とりあえず多くの女性に声をかけてください。

また、ナンパでは、なるべく自分好みの女性を選んで声をかけましょう。

合コンなどと違い、「女性を自由に選ぶことができるメリット」を、最大限活用してください。

好みの女性に話しかけることで自分のモチベーションの向上にもつながりますし、なによりナンパが楽しくなります。

「あの人タイプ」と思ったら即刻話しかけに行きましょう。

ただ、初めのうちは必ず断られます。

そして、メンタルをやられます。

「自分なんて…」と落ち込んでしまう日もあるでしょう。

しかし、そのまま塞いでしまうのでは脳がありません。

実はナンパをするうえで、一番重要なのは強いメンタルです。

「何回断られても、違う女性に声をかけ続ける気力」

これさえあれば、ナンパはいつか成功します。

それに、断られ続けているうちに、断られることにも慣れて、平気になるものです。

ですので、ナンパはとにかくくじけず続けること。

そうすることで、「経験」、「出会いの数」、「会話テクニック」など、付き合える女性を増やす要素が、ほとんど揃います。

まとめ

彼女がいないと悩んでいる男性は、彼女を切らさない男性よりも、確実に行動力が劣っています。

彼女ができないと嘆く前に、まずは動き出すべきです。

大事なのは「出会いの母数」、「ヒットレシオ」を共に高めること。

「行動なくして、成果なし」です。

ナンパなどリアルの出会いと、出会い系などネットでの出会いを並行して進めるのが一番効率がいいです。

メッセージの練習くらいならすぐ始められると思います。

おすすめ>>https://pcmax.jp/(R18)

今おすすめ!人気の出会い系アプリを比較
今おすすめ!人気の出会い系アプリを比較

マッチングアプリや出会い系サイトと呼ばれるサービスは世の中に大量にありますが、使用目的別に大きく2つのジャンル(傾向)に分けることができます。 マッチングアプリ系 出会いアプリ系 ここでは「出会いアプ ...

続きを見る

-出会いが無い, 彼女・セフレが出来ない

Copyright© 出会いの季節 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.