金持ちとイケメンがモテる理由は女性の本能が原因

モテる方法

「イケメンと金持ちはモテる」これは、世の男性、女性が持つ共通認識です。

顔が良くない、金もない、それで悔しい思いをしている男性もいるでしょう。

しかし、イケメンと金持ちはモテるのはなぜなのでしょうか?

それには人間の本能が関係しています。

結論から言うと、イケメンと金持ちがモテるのは、女性に、

「自分の遺伝子をできる限り未来まで残したい」

という本能があるからです。

女性にとって、自分の遺伝子をできるだけ未来まで残すためには、「イケメン」と「金持ち」の存在が欠かせません。

イケメンと金持ちがモテる理由を、論理的に解説します。

なぜイケメンと金持ちはモテるのか?

イケメンと金持ちがモテる理由、それは女性がただ単に顔のいい男や、お金が好きだからというわけではありません。

女性が求めるのは「優秀な遺伝子」か「子育ての協力者」

生物学の観点から言えば、すべての生き物は、自分の遺伝子をなるべく未来まで届ける努力をするように作られています。

もちろん、人間も御多分に漏れずそうです。

男性の場合、精子を製造するのは容易で、数も多く作れます。

ですので、セックスさえできれば何百人、何千人という女性を妊娠させることが可能です。

しかし、女性の場合、卵子は一か月に一個しか作ることができません。

それに、もし仮に妊娠できたとしても、子供を産むまでに1年ほどかかり、産んでからも、子供が独り立ちするまでそれなりの時間を要します。

つまり、女性は男性に比べて、未来に遺伝子を残すチャンスが限られているわけです。

そうなると、当然女性は限られたチャンスを最大限活かすために、できるだけ「優秀な遺伝子」を求めて、男性を選り好みするようになります。

しかし、優秀な遺伝子を持った子供を産むことができたとしても、子供が途中で死んでしまっては、未来に自分の子孫を残すことはできません。

自分の遺伝子を残すためには、優秀な遺伝子を持った子供を、しっかりと大人になるまで育てる必要があります。

つまり、安定した食料の供給源がなければならないということ。

そのために、女性は優秀な遺伝子を求めると同時に、安定して食料の採集ができ、自分と子供のため尽くしてくれる「子育ての協力者」も求めるようになります。

このことからわかるように、女性が、できる限り自分の遺伝子を残すという目的を果たすために必要とするのは「優秀な遺伝子」、もしくは「子育ての協力者」。

すなわち、女性に求められるのは「Good gene」と「Good dad」というわけです。

現代社会における「Good gene」と「Good dad」

優秀な遺伝子、つまり「Good gene」は、現代と過去、どちらにおいても、イケメンです。

モテモテなイケメンの遺伝子を受け継ぐことができれば、自分の子供もまたモテモテなイケメンになる可能性が高くなります。

そして、自分の遺伝子を引き継いだそのイケメンが、将来モテまくって子孫を残せば、自分の遺伝子がさらに未来までつなげることができるはずです。

一方、子育ての協力者は、現代で考えれば「金持ち」です。

人間の本能を形作った原始時代には、子供は病気や飢餓などのリスクにさらされていたため、安定して食料の採集ができる誠実なパートナーがいなければ、大人になる前に死んでしまいました。

しかし、現代においては、シングルマザーの家庭でも、ほとんどの子供が大人になるまで生き延びることができます。

必要なのは、食料や住居を手に入れるための金だけです。

ということは、現代において、良き子育ての協力者、「Good dad」は金持ちということ。

つまり、最終的に女性に必要とされるのは「イケメン」か「金持ち」。

現代において、金持ちとイケメンがモテるのは、原始時代に形作られた「自分の遺伝子を未来まで残したい」という本能が関係していたというわけです。

「優秀な遺伝子」と「誠実な子育ての協力者」は矛盾する

現代において、イケメンと金持ちがモテる理由はわかりました。

自分の遺伝子が残るようにイケメンを選び、その優秀な遺伝子を受け継いだ子供が、きちんと大人になるまで成長できるように、金持ちを選ぶ。

「じゃあイケメンで、誠実な子育ての協力者になれば、もう最強なんじゃないか?」

と思われた方もいるでしょう。

しかし、実はこの「イケメン」と「誠実な子育ての協力者」は相反するものです。

現代において「Good dad」が金持ちであることは説明しましたが、女性はなにも金だけあればいいと思っているわけではありません。

できることならば子育てに協力してくれて、最大限のサポートをしてくれる男性を求めています。

なので、誠実な子育ての協力者であるGood dadに求められる資質は、「決してほかの女性と遊んだり、セックスしたりしない」こと。

つまり、誠実なGood dadは「モテない男」だということです。

対してイケメン、Good geneはどうか。

イケメンは優秀な遺伝子を持っているため、他にも多くの女性から求められます。

そのため、たとえイケメンとセックスして優秀な遺伝子を持った子供を作れたとしても、イケメンはほかの女性とセックスしたりすることに忙しく、子育てに協力しないリスクがあります。

つまり、イケメンは「モテる男」であるがゆえに、誠実にはなれないということです。

「イケメン」の子供を「誠実な子育ての協力者」に育てさせる

Good geneとGood dadの性質が、相反するものであることはわかりました。

イケメンとセックスして子供を作っても、浮気やネグレクトのリスクがある。

誠実な子育ての協力者とセックスしても、「モテない男」の遺伝子を持った子供ができるため、将来自分の遺伝子が途切れてしまう可能性がある。

では、女性はどうするのか?

結論から言えば、「イケメンの子供を作り、誠実な夫と一緒に育てる」のが一番いい方法だということです。

しかし、公にそんなことをすれば、モラルとしては最低ですし、誠実な夫も素直に子育てに参加してくれない可能性があります。

「この子の遺伝子は優秀だから、あなたの子供じゃないけど大切にしてね」と、言われて子育てする気になるような男がいるでしょうか。

いえ、まずいないでしょう。

そのため女性は、イケメンの子供を誠実な夫に育てさせるため、「この子はあなたの子供です」というような顔をし続ける必要があります。

自分も「誠実な女」を演じ、夫を騙し続けなければならないということです。

つまり、

  1. イケメンから優秀な遺伝子だけをもらって子供を作る
  2. 素知らぬ顔をして誠実な夫を騙し、子供を育てさせる
  3. 優秀な遺伝子を持った子供が大人になる
  4. 自分の遺伝子が未来へつながる

めでたしめでたし、というわけです。

生物は、自分の遺伝子を広げていくために有利な性質だけを残します。

恐ろしいことですが、これが現代社会において、女性が遺伝子を残すために身に着けた本能です。

「結婚」は女性ではなく男性のための制度

日本では法律やモラルの問題から、女性が身に着けたこの本能は、まだ顕在化していないように思えます。

しかし、大臣の半分が女性の国であるスウェーデンを見てみましょう。

平成16年に政府が行った調査では、なんと、婚外子の割合が5割を超えています。

スウェーデンでは、「サムボ法」という法律があり、事実婚が法律として認められています。

これは、女性が子供を作るうえでいかに「結婚」という制度がネックになっているかを表すものです。

「結婚」してしまえば、モラルや法的な問題から、Good geneとGood dadの使い分けができなくなる。

つまり、結婚とは女性が幸せになるための制度などではなく、

「妻が自分以外の子供をはらむのを防ぐ、男性のための制度」

だったというわけです。

それゆえ、大臣の半数が女性のスウェーデンでは、女性が女性のために、「法的な結婚という制度」を排除した。

これは、女性が自分の遺伝子を未来に伝えるという目的を果たすうえで、結婚という制度が不利に働くことを知っているからにほかなりません。

そこから考えると、もしモテたいのならば、「ひとりの女性に誠実になる」というのはあまり得策ではないかもしれません。

結局求められるのは「優秀な遺伝子」

現代社会においては、「イケメン」と「金持ち」がモテます。

しかし、女性が遺伝子レベルで求めているのはやはりイケメン。

「優秀な遺伝子」ということです。

金持ちに求めているのは遺伝子ではなく、あくまで「子供を育て上げるための援助」。

金持ちがモテたとしても、女性はその男とセックスをして子供が欲しいと望んでいるわけはありません。

最終的に、女性からモテるのは、優秀な遺伝子を持った、セクシーオーラむんむんなイケメン、ということです。

まとめ

イケメンと金持ちがモテる理由について解説しました。

本能の観点から考えて、女性が金持ちに求めているのは子育ての協力。

イケメンに求めているのは、セックスです。

本当に、遺伝子レベルで必要とされているのは、イケメンということ。

顔は変えられませんがイケメンオーラを出すことはできます。

たくさんの女性から求められるよう、自分を磨きましょう。