出会い系アプリ怖い不安

出会い系アプリ

出会い系は怖い?安全なアプリ選びと使い方のコツ

更新日:

出会いアプリは素敵な男性と気軽に出会えるツールですが、色々な不安があることは事実。

「出会い系サイトで素敵な男性を見つけたいけど、出会いアプリは怖いから使えない…

という女性は多いでしょう。

そんなあなたが安心して出会い系でパートナーを見つけられるように、「出会いアプリは怖い」と女性が考えてしまう原因、その解決策をまとめます!

>>安全に使えるアプリはこれ

出会いアプリが怖い理由は大きく分けて3つ

女性が出会いアプリを怖いと感じてしまう原因、それは大きく分けて

  • 個人情報・プライバシーへの不安
  • 男性利用者への不安
  • 身バレに対する不安

という、3つの不安要素があるからです。

個人情報・プライバシーへの不安

女性が出会いアプリを怖いと感じてしまう原因、まず一つめは、「個人情報・プライバシーへの不安」です。

このご時世、個人情報が漏れてしまったというニュースはよく耳にします。

出会い系サイトに関しても同様で、悪質な出会い系を使ってしまうと、個人情報が漏れて詐欺などの被害にあうというようなことも珍しくはありません。

「もしクレジットカードの情報が漏れだしたら…」そう考えるだけで鳥肌がたってしまいます。

プライバシーや個人情報の問題は、女性に限らず男性も抱えている不安です。

男性利用者への不安

続いては、「男性利用者への不安」について。

出会いアプリでは、実際に会ったことのない男性と知り合うことになります。

素敵な出会いも溢れていますが、同様に「悪質な男性会員」がいるのも事実です。

ヤリモク

悪質な男性会員の好例は「ヤリモク」でしょう。

女性の体だけを目当てにしている男性のことで、一晩限りの関係を求めて出会い系を利用しています。

このような男性に出会ってしまうと、「体だけを弄ばれた」という悲しい気持ちになり、自分がすり減ってしまうことは間違いありません。

つまり、長期的な恋愛関係を望んでいる女性にとって迷惑以外の何物でもないということ。

「ヤリモク」は、女性が出会いアプリを使う上でかなりの不安要素です。

マルチへの勧誘

ヤリモク同様に、「マルチへの勧誘」も、女性が出会いアプリが怖いと思ってしまう要素のひとつ。

男性会員の中には、出会い系を使ってマルチ商法のカモを探している輩も沢山います。

そんな男性と実際に会ってしまえば、うまく言いくるめられて餌食にされてしまう危険性もあるでしょう。

何万円もする本を買わされた」とか、「訳のわからない高額なセミナーに参加させられた」という思いはしたくないもの。

「マルチ商法の勧誘がいる」ということで、出会い系を使うことに引け目を感じる女性は多いはずです。

身バレに対する不安

個人情報や男性会員に対する不安と並ぶ不安要素が、「身バレ」です。

身バレとは、「自分が出会い系を利用していることを周りに知られてしまうこと」。

出会い系を使いたいという女性の中には、出会い系を使っていることを知り合いには隠したいという方も多いでしょう。

「〇〇さん、出会い系使ってるんだってよ…必死だね」と陰口のネタにされるのは、好ましくありませんからね。

知り合いにバレてしまうかもしれない」。このことも、女性が出会いアプリを使うのをためらってしまう原因です。

出会いアプリに関する不安は解消できる

出会いアプリには、

  • 個人情報・プライバシーへの
  • 男性利用者への不安
  • 身バレに対する不安

という不安要素があることはご紹介しました。

しかし、不安材料があるからといって「怖いから出会い系を使って彼氏を見つけられない…」と頭を抱えるのは時期尚早

実は、これら「出会いアプリが怖い」と思ってしまう要素は、全て解決できるものです。

その解決方法を、順番に見ていきましょう。

プライバシー・個人情報を守るには「安全な出会いアプリ」を選ぶ

プライバシー・個人情報の漏洩が不安…」という悩みは、安全で信頼できる出会いアプリを使うことで解決ができます。

一般的に安全とされている出会い系では、個人情報の流出などは一切ありません

つまり、安全な出会いアプリの特徴を抑えておくのはマストということ。

安全な出会い系の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?

運営年数は長いほうが安心

安全な出会いアプリの特徴、まず一つ目は「運営年数が長い」ということです。

一般的に、出会い系の寿命は短く、悪質なものは2~3年持てばいいほうとも言われています。

サービスや運営体制がガサツな出会い系は、顧客からのクレームトラブルも多いため、すぐに潰れてしまうというわけです。

そんな出会い系業界だからこそ、長く続いているサービスはそれなりに信頼ができるということ。

運営年数が長い出会い系は、それだけ情報漏洩などのトラブルがなくサービスを提供し続けてきたことになるからです。

つまり、「出会い系の運営年数=信頼性」といっても過言ではありません。

具体的には、運営年数が10年を超えていれば安全な出会い系と言えるでしょう。

運営年数が10年以上の出会い系には、以下のようなものがあります。

PCMAX 15年
ラブサーチ 16年
ワクワクメール 16年
ハッピーメール 17年
YYC 17年

※2017年時点

もちろん、運営年数が短くとも優良なサービスはありますが、万全を期したいのであれば運営年数が長いものを選びましょう。

運営元情報の記載があること

運営元情報の記載がある」というのも、出会い系の安全性を計る大事なポイント。

サイトに運営会社の情報が載っていない出会いアプリは、まず悪質で危険な出会い系であるといえます。

普通に考えて、サービスを提供しているのに運営者の情報がないというのは、何か起こったときに責任を取る気がないということです。

そういう出会い系は、トラブルがあったらサイトを削除して終了でしょう。まず信頼ができません。

それに、運営元情報に「個人名義」が記載されているサービスにも要注意です。

出会い系で安全なサービスを提供するには、個人規模ではまず不可能

必ず会社という組織が必要になってきます。

もし個人で運営されている出会い系を見つけたら、それはセキュリティ対策もままならない悪質出会い系です。絶対に登録するのはやめましょう。

例えば、運営年数10年を超える老舗出会い系、PCMAXにはこのようにきちんと企業情報の記載があります。

PCMAXが安全な出会い系であることはとても有名。さらに詳しいPCMAXの安全対策について知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

PCMAX(ピーシーマックス)はプライバシー・個人情報がバレず安心・安全に使えるのか。

恋人やセフレを探す際に、有用なツールとなるのが「出会い系」。 昨今では、出会い系で出会ったカップルが結婚するというようなことは珍しくなく、出会い系に対する偏見も少なくなってきています。 そのため、出会 ...

続きを見る

また、企業情報があってもペーパーカンパニーである可能性は否定できません。

会社情報が記載されている場合は、登録前に一応その会社がペーパーではないか、ネットで検索してみることをおすすめします。

男性の利用が有料であること

男性の利用が有料」ということも、安全な出会い系の指標のひとつです。

男性が無料の出会い系は、ほぼ100%悪質な出会い系と言っていいでしょう。

サービスの利用そのものに対して料金を取っていない出会い系は、その他の方法で消費者から搾取している可能性があるからです。

その他の方法とは、「サクラ」を使った搾取のこと。

男性の利用が無料の出会い系では、サクラを使って会員に大量にメールを送り付け、提携先などと称した有料サイトに登録させるのが常套手段。

サービスに対して料金を取らない分、騙された会員から法外な料金を取っているわけです。

「サクラに騙されるのは男性」というイメージが一般的ですが、実は女性をターゲットにしたサクラもたくさん。

「ジャニーズ事務所に所属している○○です」や、「年収1,000万以上の医師です」など、甘い言葉で女性を誘惑、出会い系に慣れていない女性は、簡単にカモにされてしまいます。

安全な出会い系を運営するには、それなりの費用が必要です。

個人情報保護やセキュリティ、充実した顧客サポートなど、もちろんタダで実現できるわけがありません。

優良な出会い系では、男性会員から料金を取ることでその安全性を実現しています。

安全な出会い系でも女性から料金を徴収しないのは、男女比を均等に保つため。

出会い系では、もともと女性の需要の方が高いため、男性同様の料金を女性から取ってしまうと、女性会員の数が激減してしまいます。

それを防ぐために、ほとんどの安全な出会い系が「男性は有料、女性は無料」という料金形態をとっているわけです。

最近ではomiaiやユーブライドのように、女性が有料の出会いアプリも出てきていますが、とにかく「男性が無料」は絶対信用できません

登録は無料でも、「男性会員には有料のシステムがある」という出会い系は、セキュリティやサービス向上に費用を割いています。

女性が出会い系を選ぶ際は、必ず「男性会員が有料かどうか?」を確かめてから登録するようにしましょう。

会員サポートが徹底されている

当然ですが、「会員に対するサポートが徹底している」というのも安全な出会いアプリの証でしょう。

問い合わせフォームがなかったり、問い合わせ先が明記されていない出会い系は、言語道断。

トラブルがあったときにサポートがしてもらえないサービスは、出会い系に限らずクソです。

登録前には、会員へのサポートが充実しているかどうかを調べてみることをおすすめします。

具体的には、24時間サポートを行っている出会い系を選ぶのがポイント。

24時間体制での電話対応や、問い合わせフォームなどでサポートを行っている出会い系は、安全であるといえます。

例えば、安全な出会い系として評価が高いワクワクメールでは、このように24時間電話対応を受け付けています。

入会前には、サイトでサポートについての情報を集めることはマストです。

年齢確認が徹底されている

年齢確認」が徹底されているのも、安全な出会い系の特徴。

2008年に施行された「出会い系サイト規制法」には、18歳未満の出会いアプリ・サイトの利用を禁止することが明記されています。

つまり、年齢確認を行わず18歳未満にもサービスを提供している出会いアプリは、「違法アプリ」ということ。

年齢確認を行わないサイトには、まず登録してはいけません

そういうサイトにはサクラも多いですし、犯罪の温床になっている可能性もあります。

安全な出会い系サイトでは、クレジットカードでの年齢確認や、免許書など証明書の画像を送信して年齢確認をするのが基本。

年齢確認を済ませないと、メッセージの送信ができなかったり、機能を制限されるものがほとんどです。

もし、登録してみて、年齢確認なしに男性会員とやりとりできる出会い系であれば、即退会することをおすすめします。

インターネット異性紹介事業届出受理番号がある

インターネット異性紹介事業届出受理番号がある」ということも、安全な出会いアプリの特徴です。

2008年に施行された出会い系アプリ規制法によって、出会い系アプリを運営するには国への届け出が必要となりました。

インターネット異性紹介事業届出受理番号というのは、「このサイトは出会い系サイト規制法に従っています」という国からの認可のようなもの。

届け出を済ませた出会い系アプリ・サイトにのみ交付されるものです。

例えばハッピーメールのサイトには、このように認定番号の記載があります。

したがって、サイトにこの番号が明記されていない出会い系は違法なものであるということ。

18歳未満が利用できる状態になっていたり、援助交際の温床になっていることもあります。

「サクラがたくさんいて素敵な男性と出会えない」くらいで済めばまだいいですが、自分が犯罪の被害者になってしまう可能性も否定できません。

必ず、インターネット異性紹介事業届出受理番号の記載がある出会い系を使いましょう。

JAPHICマークを取得している

JAPHICマーク」がある出会い系アプリも、まず安全であると言えます。

JAPHICマークは、経済産業省認定の個人情報保護団体「JAPHIC」が、個人情報保護に関して適切な対策を取っていると認めたサイトに対して交付するマークのことです。

優良出会い系のPCMAXにも、このようにJAPHICマークがあります。

経産省認定の団体が交付するマークなので、JAPHICマークのある出会い系は、いわば国の認可を受けている出会い系アプリということ。

個人情報保護に関しては、かなり信頼できるでしょう。

JAPHICマークを取得している出会い系サイトには、

  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • PCMAX
  • イククル
  • YYC

などがあります。

これらの出会い系は、どれも運営年数10年を超える超優良出会い系。

選んでまず間違いはないでしょう。

もちろん、中にはJAPHICマークがなくとも安全でセキュリティのしっかりしている出会い系はあります。

ただ、出会い系初心者はその安全性をなかなか計ることができません。

初めての出会い系は、JAPHICマークがあるものを選ぶのがおすすめです。

ヤリモクやマルチの勧誘を回避するためには?

続いては、「男性会員に対する不安」を解消する方法について。

ヤリモクやマルチの勧誘を回避するには、どうすればいいのでしょうか?

結論、解決策は、「ヤリモクや勧誘をする男性の「特徴」を把握して、極力かかわりを避ける」ことです。

すぐに連絡先を聞いてくる

出会い系で知り合ってすぐにLINEのIDなどこちらの連絡先を聞いてくる」という男は、間違いなくヤリモクです。

ヤリモクの男性は、とにかく早く話を進めたがります。

もうギンギンの状態で携帯を握っているのでしょうか、最初のメッセージで連絡先を聞いてくるというヤリモクも珍しくありません。

そんな男は、とにかく無視でいいでしょう。

ヤリモクに構っているのは時間の無駄ですし、その間に素敵な男性を捕まえる努力をした方が、よっぽど有意義です。

とにかく、こちらに特に興味も示さずに連絡先を聞いてくる男には要注意

連絡先は、趣味などの話で盛り上がって、ある程度の信頼関係が築けたのちに教えることをおすすめします。

簡単に連絡先を教えると、ヤリモクのいいカモになってしまいますからね。

すぐにアポを取ろうとする

すぐにアポを取りたがる」というのもヤリモク男の特徴。

すぐに連絡先を聞いてくるというのもそうですが、ヤリモクはとにかく急いでいます。

出会ってまだ1日しか経っていないのに、「今度お茶しようよ!」というのは間違いなく体目当て

やりたいだけの男は女性の体目当てですから、性格なんかどうでもいいわけです。ろくに女性のことも詮索せず、とにかくデートに誘ってきます

そういう男性のメッセージは、基本的にシカトでいいでしょう。

大事なのは、こちらにしっかり興味を示しつつ、何日間か連絡を取り合った後にデートに誘ってくる男性を信用すること。

とにかく用心深く、出会い系の男は疑ってかかってください

体だけの男と出会ってやり捨てされるだけでも傷ついてしまうのに、ストーカー被害にでもあったら話になりませんからね。

タメ口

1通目のメッセージでタメ口の男性に、ろくな人間はいません。

タメ口の男性の中には、誠実なでなかったりチャラついていたり女性の体だけを目的にしている人が多くいます。

出会い系で知り合うべき男性の最低条件は「敬語」と言ってもいいくらい、根本的に大事なことです。

社会において敬語の使えない人間が評価されないのと同じく、出会い系においてもまずは敬語礼儀が大切ということ。

たとえヤリモクでなかったとしても、いきなりタメ口の男性とかかわるのは絶対におすすめできません

プロフィールに「副業」や「ビジネスパートナー」というような記載がある

プロフィールに、

「サラリーマンでしたが副業で成功して~」
「事業をやっていて、ビジネスパートナーを~」

というような記載がある男性は、マルチの勧誘である可能性が高いです。

勧誘を目的とした会員は、一見おいしそうに見える情報をプロフィールに並べて引っかかった女性をカモにします。

また、そのような勧誘の男性も早めにアポを取ろうとするのが特徴。

「デート行こうよ!」というヤリモクほど軽いノリではありませんが、

「よかったら今度お茶でもして、お話だけでもどうでか?」

という具合に、丁寧に誘ってきます。

  • 一見おいしそうな話を振ってくる
  • 早めにアポをとる

という男性は、マルチの可能性が高いです。

用心してかかりましょう。

さらに詳しいマルチ勧誘の特徴や見分け方を知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

拡大鏡を探して面白いビンテージ探偵
出会いアプリでアムウェイなどマルチの勧誘を見分ける方法

婚活アプリ・出会い系において、業者やサクラと並んでやっかいなのがマルチ系(ネットワークビジネス)の勧誘です。 こちらは真剣に出会いを求めているのにも関わらず、相手はあくまでも恋愛する気はありません。取 ...

続きを見る

出会い系で身バレしないためには?

続いては、「身バレ」対策について。

身バレの心配は、使い方を工夫することで簡単に解消することができます。

写真やプロフィールは工夫する

まずは、写真やプロフィールの使い方を工夫して身バレを防ぐ方法について。

当然のことながら、もし絶対バレたくないなら自分の写真は使ってはいけません

もし知り合いがその出会い系を使っていて、あなたを見つければ一発でばれてしまいます

顔バレしたくないのであれば、ぼかしを入れた写真や何かのアイコンを使うのが良いでしょう。

よく、「出会い系は写真がないと出会えない」と言われますが、女性の場合は需要が高いので、顔の一部が隠れていたりしてもじゃんじゃんメッセージが来るので問題ありません

また、バレたくないのであれば、プロフィールもなるべくあいまいに書くのがおすすめ。

名前を本名で登録する人はまずいないでしょうが、できれば「業職」、「居住地」などの情報も隠したほうがいいです

職業や居住地はあなたを特定するのにかなり役立つ情報。絶対にバレたくない場合は、書かないようにしましょう。

ただ、プロフィールがあまりにすっからかんだと、男性側も警戒します。

なかなか出会うことができなくなってしまうので、趣味や年齢など、男性との会話に欠かせない情報は隠さずに書いてください。

Facebook認証ができる出会い系を使う

Facebookのアカウントで登録ができる出会いアプリを使うというのも、身バレを防ぐ一つの方法。

Facebookのアカウントを使った出会い系は、基本的に「Facebookの友達が表示されない」からです。

それならある程度の身バレを防ぐことができますし、安心してアプリを使うことができます。

最近ではFacebookのアカウントで登録できる出会い系も増えており、例を挙げると、

  • Pairs
  • Omiai

などが代表格です。

ただ、そのようなアプリでも、もちろん「Facebookで友達になっていない知り合いは表示されてしまいます

ですので、Facebookを使った出会い系を使う前には、「とりあえず知り合いとはFacebookで友達になっておく」というのがいいかもしれません。

もし、絶対友達になりたくない相手がいる、という場合はアプリ内のブロック機能を使いましょう。

※PairsやOmiaiには、表示されたくない相手に遭遇した場合に、相手がこちらのプロフィールを覗けないようにするブロック機能というものがあります。

ブロック機能を使えば、相手が非表示になるばかりか、「足あと」も完全に削除されるので安心です。

>>Facebook系アプリでおすすめはこちら

会員数の多い出会い系を選ぶ

会員数の多い出会いアプリを使うことで、身バレする可能性を低くすることもできます。

会員数が多ければ多いほど、それだけ知り合いと遭遇する確立は低くなるのは当然のこと。

参考までに、会員数が多い出会いアプリをご紹介しておきましょう。

PCMAX 1000万人以上
YYC 1000万人以上
ハッピーメール 1500万人以上

もちろん、会員数の多いアプリを使ったからと言って、身バレの可能性がゼロになるわけではありませんが、1,000万人以上いる登録者の中から知り合いに遭遇するは、相当な運の悪さが必要なはず。

会員数の多いアプリを使えば、身バレの危険性は相当低くなるでしょう。

それに加えて、写真やプロフィールを工夫しておけばもう怖いものなし。身バレに関する不安は払しょくすることができます。

まとめ

出会いアプリが怖い原因とその対策方法についてまとめました。

女性が出会い系アプリを怖いと思ってしまう原因は、

  • 個人情報・プライバシーへの
  • 男性利用者への不安
  • 身バレに対する不安

の3つ。

ですが、これらの不安要素はすべて解決することができます。

もちろん、ユーザー自身が使い方に注意しなければならなかったり、事前に調査をしなければいけない部分もありますが、それは出会い系ユーザーとしての当然の責任でしょう。

女性のみなさんも、色々な出会い系を試して素敵な出会いを見つけてください。

-出会い系アプリ

Copyright© 出会いの季節 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.