Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

サラリーマンや会社員が出会いを増やす方法|社会人の合コン以外の出会い方

男性向けノウハウ

「恋人やセフレがほしいのに、出会いがない」

これは、普段、会社員として働いている男性の大半が抱えている悩みです。

ほとんどの人が毎日同じ職場に出勤し、同じ同僚に会っているわけですから、そうなってしまうのも無理はありません。

学生の頃はサークルやバイトなど様々な出会いがありますが、社会人になると出会いの場を見つけるのはなかなか難しいのが現実

それでも彼女やセフレが欲しいのであれば、自分から能動的に「出会いの母数」を増やす必要があります。

社会人としてのライフスタイルにあった出会いのきっかけづくりを進めれば、遊び相手にこまることもなくなるでしょう。

サラリーマンなどの会社員の立場において出会いを増やす方法と注意点をまとめます。

サラリーマンや会社員が出会いの母数を増やす方法

サラリーマンが出会いの母数を増やす方法

では、収入や時間に制限のあるサラリーマンには、どのような出会い方が適しているのでしょうか?

一般的に出会いの機会とされるもののサラリーマン視点での評価と攻略方法を書きます。

合コンは、ややコスパ悪し

サラリーマンに適した出会い方として、まず挙げられるのが合コンです。

女友達などのつてを使って合コンをセッティングしてもらえば、一気に3~4人の女性と知り合うことができます。

気が合えば、連絡先だって交換することが可能でしょう。

しかし、合コンにはデメリットもあります。

例えば、男性が女性分のお会計を持たなければならないことです。

印象が悪くなってしまうので、どんな合コンであっても基本的に男性側が多く負担します。

また、参加している女性の数は多くて3~4人なので、選べる女性の数が少ないというデメリットもあります。

合コンは気軽に女性と出会うことができますが、少しコスパが悪いのが難点です。

2人以上なら街コンがコスパ◎

合コンよりもコスパがいい方法に「街コン」があります。

街コンのイメージは、一つの街を会場として行われる、巨大な合コンという感じです。

参加者は少ない場合でも100人ほど、もっと大きい規模のものになると何千人という人数になります。

男性の参加料金は、大体5000円~7000円くらいが相場となっています。

普通の飲み会よりは高くつきますが、うまくすれば1日で10人以上の女性と出会うことが可能です。

合コンに参加したり、水商売の女性に貢ぐよりは、よっぽどコストパフォーマンスがいい方法といえます。

「女性とたくさん出会いたい」という、志を同じくする友達を誘って街コンへ参加してみるのもいいかもしれません。

今日のイベントを探す:街コンジャパン

相席屋は相手の見極めが重要

相席屋も、サラリーマンが女性と出会うにはいい方法です。

料金設定は、女性は飲み食い無料、男性は30分食べ飲み放題で1500~1800円という具合。

こちらも、街コン同様、基本的には同性何人組かでお店に入ります。

席に座って、店員さんが連れてきてくれた女性と飲み、話が合えば一緒に外に出てもいいですし、他の子と話したければチェンジもできるシステムです。

相席屋は、割と安価に、そして気軽に女性と出会える方法ではありますが、デメリットもあります。

出会いを求めてやってきている女性ももちろんいますが、タダ飯、タダ酒を目的に来ている女性がいることです。

そのような女性に出会ってしまうと、連絡先を交換する気もないのに、ただ飲食代を支払わされるということにもなりかねません。

相席屋を利用する際には、そのようなリスクがあることも把握しておきましょう。

BARナンパは基本

バーでナンパするのも、手っ取り早く女性と出会う方法です。

合コンや街コンと違って、バーでは自分たちが飲んでいる分しかお金がかかりません。

仮に、知り合って一緒に飲むことになった女性の分を負担することになっても、大した額ではないでしょう。

また、自分の好きな時間に足を運ぶことができるので、合コンや街コンに比べて、時間の制限がありません。

コスト、時間の面から考えると、バーナンパはかなり優れているといえます。

ただし、バーナンパには、ナンパスキルが必要です。

バーでのナンパは、自分にも相手にもお酒が入っているので、ストリートナンパよりも成功率は上がります。

しかし、ナンパをしたことがない男性の場合、いざバーに出向いてみたはいいものの、飲み終わるまで誰とも話せなかった…なんていうことにもなりかねません。

街コンや合コンでは、女性側も「男性と出会いたい」と考えてきている人がほとんどなので、相手も進んで会話をしてくれます。

しかし、バーナンパではそうはいきません。

軽くあしらわれてしまうこともあるでしょうし、時には無視をされることだってあるでしょう。

もちろん、経験は実戦で積む!というスタンスで、乗り込んでみるのもアリですが、ある程度の女性経験を積んでから実践することをおすすめします。

出会い系も平行して使うと時間的なコスパ◎

出会い系は、時間や金銭的な制限があるサラリーマンにとって、最も効率よく、多くの女性と出会うことができる方法です。

出会い系アプリのメリット
  • 合コンやBARナンパと比較してかなり安い
  • 一人でできるので時間的な制限が無い
  • 場所の制限もない
  • オンラインのやり取りで関係を深めた状態で会える

忙しいサラリーマンにとってかなり都合が良いものになっています。

出会い系では、ほとんどの場合お互いの趣味や共通点など、ある程度知った状態で顔を合わせます。

そうなると、初対面でも自然と会話がはずみます。

つまり、ナンパができない男性や、女性と話すのが苦手な恋愛初心者でも、安心して使うことができるというわけです。

相手の警戒心も解けるので、ナンパより、遥かに成功率も上がります。

出会いの母数が上がることは間違いありません。

しかし、万能とも思える出会い系にも、デメリットがあります。

匿名性が高いというその性質上、援交などの犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

そのようなことに巻き込まれた場合、知らなかったでは済まされません。

ただ、そのリスクは、「違法サイトを使わない」ということに気を付ければ、ある程度回避できるものです。

優良な出会い系では、そのような書き込みはすべて削除されますし、監視体制も行き届いています。

また、優良な出会い系には「サクラ」がいないのも特徴です。

ですので「せっかくメッセージをやり取りしていたのに、全く会う気がない…」というように、サクラに騙されて料金だけを搾取されるようなこともありません。

犯罪や、サクラに騙されるリスクを回避するためにも、出会い系を利用するなら、優良なものを利用してください。

優良で王道な出会い系:PCMAX [R18]

趣味・習い事で出会う

会社以外で人との出会いが作れる王道が趣味や習い事です。

球技スポーツであれば、一緒にプレイできる人どうしがマッチングできるサービスもあります。

オンラインゲームであればそのままネット上で知り合うきっかけになります。

共通の趣味が出会いのきっかけにできるならうまくいく可能性も高いですし、会社へのリスクもなく、かなり健全な出会いになるでしょう。

すでに趣味がある人は探して参加、もしなければ趣味探し名目でなにか初めてみても良いです。

自分の興味だけでなく、好みの異性や年代の人がいそうな場所を狙って参加できれば理想。

関連 彼女やセフレが作れる習い事まとめ|出会いが多い趣味10選

副業・アルバイト

世の中的も副業が推奨されてますし、すでに始めている人も多いです。

アルバイトをすれば本業以外の出会いが自然に産まれます。

また、フリーランスや個人事業のような副業であれば、同じような仕事をしている人同士で繋がりますし、仕事のやりとりで別の会社に努めている人とも関わります。

お金を稼ぎながら出会いも増やせたら最高ですね。

仕事関係と水商売の女性に出会いを求めるリスク

サラリーマンなら仕事関連の女性に手を出すのはNG

仕事関連の女性に手を出すのはNG

出会いの母数を増やす手段として、手っ取り早く思いつくのが職場の同僚など「仕事関連の女性」に手を出すことです。

しかし、結論から言うと、仕事関連の女性に手を出すのはかなりリスキーといえます。

社内恋愛がきっかけで仕事に支障が出てしまうかもしれませんし、それがバレた時の周りへの対応も、なかなか面倒です。

それに、純粋な恋愛ならまだいいですが、不倫や体だけの関係の場合、相手の女性がいつも近くにいるという状況はできるだけ避けたいです。

そのような無用なリスクを回避するためにも、仕事関係の女性で出会いの母数を稼ぐというのはあまりおすすめできません。

会社やなにかのコミュニティ内では、たいていは恋愛が良しとされていません。

うまく言っているうちは問題がありませんが、別れたとき・関係が悪化したときに高確率で誰かが被害を被るからです。

少なくとも男女どちらかが会社かその部署を離れるようになるので、本人だけでなく会社組織としてもマイナスになるので推奨されません。

ほとんどの場合は立場が弱い方が被害を受けます。

よく正社員が派遣やバイトの女の子に手を出して、別れたら裏で手を回して派遣契約を切られるという問題が起こります。

古い時代はそれでなんとかしてたおじさん達もいたでしょが、今の時代であれば会社の名前とともにSNSで晒されて社会的に制裁が与えられます。

仕事とは全く関係のないフィールドで、女性との出会いを増やすべきです。

サラリーマンなら水商売の女性には手を出すな

サラリーマンなら水商売の女性には手を出すな

女性と出会うための方法として、キャバクラやホステスなどに通って、お店の女性と親しくなるというものがあります。

確かに、手っ取り早く女性と出会うことができますし、女性も壁を作らずこちらに接してくれます。

しかし、サラリーマンがキャバクラやホステスなどの水商売に出会いを求めるのは得策ではありません。

なぜなら、コストパフォーマンスがあまりにも悪すぎるからです。

キャバクラやホステスに通うとなれば、それなりのお金が必要になります。

女性もあくまで「仕事」としてこちらに接しているので、1度お店に足を運んだだけでは良い関係になることは、まず不可能です。

何度も、足繁くお店に通い詰める必要があります。

それでも、最終的にこちらを「客」としてではなく「男性」として見てくれるかどうかはわかりません。

もちろん、かなりの収入があって、懐に余裕があるならそれでもかまわないでしょう。

しかし、普通のサラリーマンがこれを行うことは、時間とお金の無駄遣い意外の何物でもありません。

サラリーマンという、限られた給料、限られた時間の中で出会いの母数を増やすのであれば、水商売の女性に手を出すのは、非効率的といえます。

サラリーマン・会社員の出会い方まとめ

サラリーマンが出会いの母数を増やす方法をご紹介しました。

出会いがないと嘆いていては、いつまでたってもセフレや恋人はできません。

とにかく、自分から行動あるのみです。

ご紹介した方法を参考に、とにかく女性と出会いまくってください。